<景品表示法に基づく表記> 当サイトでは記事内に商品プロモーションを含み、クリック型広告・アフィリエイト広告を通じて収益が生じる場合があります。

NewBalance 996 TB ネイビー Made in USA テディ・サンティス

New balance 996が密かにアツい!テディ・サンティスが手掛けるMade in USA

2023年6月3日

昨今注目を集めるNewBalanceでは、Made in USAの990シリーズを筆頭としたいわゆる「900番台」と呼ばれるナンバリングシリーズがブランドの顔として特に人気。

そんななか、NewBalanceでクリエイティブディレクターを務め、Aimé Leon Dore(エメ リオン ドール)のブランド創立者兼オーナーでもあるTeddy Santis(テディ・サンティス)が手掛ける『Made in USAシリーズ』にて、NewBalance 996に光が当たりました。

NewBalance 996 Made in USA テディ・サンティスコレクション

996に関しては、主にアジア製のCM996がなじみ深く、同じく576シリーズのアジア製廉価版である574と人気を二分する二大巨頭のひとつとして定番化しています。

それが今回テディ・サンティスの手により、Made in USAとして登場。

上質な履き心地と素材感が楽しめる一足に仕上げてきてくれました。

今回は、2023年で35周年を迎える990シリーズの系譜を引き継ぐNewBalance996について書いてみたいと思います。

NewBalance入門に最適な996

NewBalance996シリーズは、先に書いたように574シリーズと人気を二分する定番モデル。

アジア製であるCM996は、NewBalanceならではの履き心地の良さはそのままに、価格が手を出しやすい価格帯になっているということもあり、NewBalanceの入門スニーカーとして最適な一足です。

NewBalanceのヘリテージカラーであるグレーやネイビーが人気。

574との違いは木型の違い

同じアジアモデルである574との違いとして、ラスト(木型)の違いがあります。

以前からNewBalanceのインソールに関する記事でも何度か出てきましたが、996は細身とされるSL-1ラスト(同じラストのインソールはRCP280)、574はややワイズに余裕があるとされるSL-2ラスト(同じラストのインソールはRCP130)になっています。

一般的にSL-2よりも細身とされるSL-1ラストですが、筆者の足入れの感覚では、SL-2ラストを使用している574の方が爪先から甲にかけて少しタイトな印象があります。

実際ZOZOMATのレコメンドでも、574よりも996の方がハーフサイズ下のサイズでオススメされていたりします。

この辺りの履き心地は個々人の足型やモデル毎の素材の違いにも寄りますが、996は見た目がやや細身でシュッと見えるにも関わらず、足入れの印象はそこまで細身に感じたことがないので、初めて履く人はこの点に注意しましょう。

やたら「細身」と強調されている情報が多いので、勘違いする人もいるかと。

テディ・サンティスが手掛けるMade in USA

今回紹介するのは、人気ブランドAimé Leon Dore(エメ リオン ドール)の創設者にして、現在NewBalanceのクリエイティブディレクターとしてブイブイ言わせているテディ・サンティスが手掛けるMade in USAコレクション。

NewBalance 996 Made in USA ネイビー

NewBalanceの定番カラーであるネイビーをベースに、質感をアップデートしています。

アッパー素材にはヘアリースエードを採用

アッパーの素材には毛足の長いヘアリースエードを採用。

NewBalance 996 Made in USA ヘアリースエード

サイドのNロゴとの質感の違いも相まって、通常の996には無い絶妙な素材感に仕上げています。

ネイビーカラーにも陰影の立体感が出て、コントラストの効いた良い色味に仕上がっています。

ヒールにはビンテージカラーをプラス

ヒールパーツにはビンテージスニーカーを思わせるグレーのスエードを配置。

NewBalance 996 Made in USA グレースエード

このパーツの切り替えも通常ラインには無い形。

NewBalanceの定番カラー二つをうまく融合してきたなと思わされました。

NewBalance 996 Made in USA ヒールの切り込み

横から見た際のヒール。

このアッパー素材からスタビライザー(ヒールのプラスチックパーツ)まで切り込んで平行に入った斜めのラインが、996シリーズの見た目における最大の特徴だと筆者は考えているのですが、素材感・カラーを切り替えることでより斜めのラインが強調されて見えます。

横から見た際のシュッとしてる感が増し増し。

履き心地抜群

履き心地に関しても文句無し。

NewBalance 996 Made in USA インソール

土踏まず部分をしっかり持ち上げられるような感覚で、インソールの厚みをしっかり感じられます。

シュータンもしっかり肉厚でフカフカです。

NewBalance 996 Made in USA シュータン

また、NewBalanceのMade in USAの代名詞的な「袋縫い」も健在。

NewBalance 996 Made in USA 袋縫い

中央で縫われたこの製法で、足を包み込むような履き心地が提供できるとされています。

実際廉価版などとはまた違った履き心地の良さが感じられるので、NewBalanceに関しては、Made in USA・Made in UKのフラッグシップモデルを一足は履いてみることをオススメします。(Made in UKは、Made in USAと比べて、もう少しカチッとした硬さのある履き心地という印象。)

996は子供靴にもオススメ

ここまで大人のための996について書いてきましたが、996はキッズモデルも展開しています。

NewBalanceは子供靴も優秀。

スニーカー好きとしては、キッズスニーカーに関してもNewBalanceかASICSの2択で選べばまず間違いないと思っているのですが、その中でもNewBalance 996に対する信頼感は、他ブランドよりも頭ひとつ抜けてるように感じています。

特にミッドソールの安心感という履き心地の面と、マジックテープ一本留めという脱ぎ履きにおける機能面の2点。

造りもしっかりしていて、2次流通の店頭で出回っているキッズシューズを見ても、NewBalanceが一番キレイな状態を保っているように見えます。

お揃いでリンクコーデも出来ますし、子育て世代には親子でNewBalanceを楽しめるというメリットがありますね。

まとめ

NewBalance 996 Made in USA ロゴ

定番シリーズとして定着している996ではありますが、昨今復刻や新作を積極的に仕掛けているNewBalanceブランド内において、少し影を潜めていた印象がありました。

それがテディ・サンティスの手によって再び脚光を浴びる兆しを感じています。

奇しくも今年は990シリーズの35周年アニバーサリーイヤー。

今年は996シリーズのリリース情報に注目していきたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク