モノズキ.com

モノズキによる情報発信メディア。ガジェット、ライフハック、ライフスタイル、ファッション、ニュース、コラムをメインにコンテンツを配信。スニーカーにハマり中。NewBalance(ニューバランス)、ASICSTIGERが好き。食生活の半分は「完全栄養食」に置き換わっている。

For High Quality Of Life.

いまや毎年の恒例行事。ユニクロ×ルメール「ユニクロU」春夏新作が発表されましたね。

ユニクロU 2021SSの発売日は1月22日(金)

昨年2020SSは2月21日が発売日だったので、昨年よりもちょうど1ヶ月も早いリリース日ということになります。

これは何かの布石か?ジルサンダー2021SS?と勘ぐってしまいたくなりますね。(一昨年2019SSは2月1日発売だったので、それでも10日ほど早い計算になります。)

今季のユニクロUは、定番となっているアイテムを充実させることで目新しさは抑えつつ、ルメールの真骨頂とも言うべき雰囲気を漂わせたシルエットやカラーが多く展開されているようなので割と期待していたりします。

発売前のプレビューということで、現時点で注目しているアイテムをピックアップして見ていきたいと思います。

続きを読む

年始のファッション恒例行事ともいえる福袋。

正直、欲しいものをその値段で買った方が良いんじゃないかとは毎回思うのですが、やはり「福袋」の魔力には抗えず何かしら買ってしまうのですよね。人類皆ガチャが好き

ただ今年は、昨年から続くコロナの影響で「きっとメインアイテムの在庫が余っているはず=良いものが入っている可能性が高い!?」と予想していて、例年よりもちょっと期待していました。

そんなわけで2021年は二つのブランドの福袋を購入。

まずはそのうちの一つであるJohnbull(ジョンブル)の福袋をレビューしてみたいと思います。

続きを読む

完全ワイヤレスイヤホンといえば、筆者はこれまでSoundPEATS社のTrueFree+Anker社 SOUNDCORE Life P2という安価な入門機と呼ばれる類のイヤホン2種を購入しました。

安価とはいえ機能面としてはそれほど不満に思うことも無く、気軽にガシガシと使っていたのですが、そろそろ本質的に音を追求した中価格帯以上のモデルを試してみたいという気持ちが湧いてきていました。

そんな中、年末恒例となっている2020年度ふるさと納税の返礼品を検討していたところ、川崎市のふるさと納税にfinalやagブランドを擁するSNEXT社(現在は株式会社finalに社名を変更)のイヤホンやヘッドホンが採用されていたことを偶然発見!

寄付額の残り枠としてもちょうど良かったため、現在同社がリリースしている完全ワイヤレスイヤホンの最上位機種であるag TWS04Kをチョイス。申し込みから10日ほどで到着という驚きの早さでゲットできたので、年末から年始にかけて実際に使って見た使用感をレビューしてみたいと思います。

結論を先に書いておくと完璧な1台。

続きを読む

2020年上半期の買ってよかったものはこちら

2020年もいよいよ残りわずか。

あっという間に過ぎ去った2020年の下半期に買ってよかったものをご紹介。

社会的にもかなり特殊な状況に置かれた一年でしたが、買った物に関してはあまり影響を受けていない気がします。

それでは振り返っていきましょう。

続きを読む

先月、KITHのRonnie Fieg(ロニー・ファイグ)とASICSの最新コラボモデルとしてリリースされたGEL-LYTE III "The Palette"

GEL-LYTE IIIの30周年記念企画ということで、GEL-LYTE IIIをこよなく愛することで知られるロニー・ファイグが手掛けるビッグプロジェクト。これまでKITHがリリースしてきたカラーパレットの中から厳選された「30色同時リリース」という、とんでもないGL-IIIイベントをぶち上げたわけです。

筆者は以前の記事で書いたように、先行抽選である「Loyalty Program」の案内が届き、30色のうちのANCHOR(アンカー)を購入することが出来たのです。


が、ここで問題が起きました。

KITHでは通常、ASICSブランドの製品を日本発送不可商品として取り扱っているのですが、その関係からか日本国内の住所を入力すると決済が完了できなかったのです。(Loyalty Programの招待を送ってきてくれてるのに…)

そこで、事前に登録しておいた国際転送サービスBuyandship(バイアンドシップ)の倉庫住所を入力してみたところ無事に決済完了出来たため、今回はBuyandoshipを使った日本発送不可商品の購入方法と、その一連の流れをまとめてみたいと思います。

続きを読む

↑このページのトップヘ

/* Microsoft Clarity */