KITH×New Balance RC1300コラボ

KITH × NewBalance RC1300とVINCENTSHOELACEの新作Steve。

発売から一か月以上経ってしまいましたが、KITH×New BalanceのRC1300 10th Anniversaryについてのまとめのようなものを。
KITH×Gel-Lyte Ⅲの30周年記念プロジェクト “The Palette"に続いて、今回もLoyalty Program(ロイヤルティプログラム)という発売前の事前購入で入手できた一足になります。

ロイヤルティプログラムの条件(「過去にKITHコラボスニーカーを購入したことがある」など)もあるようですがそれとは別に、購入履歴やアクセス履歴などからユーザーの好みを判別してるのかな?というくらいピンポイントで欲しいアイテムの購入権を送ってきてくれるKITH。

事前リークの段階で色味に注目していたNewBalanceだったので思わぬ形で購入出来て幸運でした。

今回はKITH×NewBalance RC1300 10th Anniversaryの一足に、購入前からイメージが沸いていたVINCENTSHOELACE(ヴィンセントシューレース)の新作Steveを合わせてみたいと思います。

KITH×New Balance RC1300コラボ

NewBalance RC1300の特徴

まずは今回のベースモデルであるNewBalance RC1300について。

New Balanceの1300といえば、数あるNew Balanceアーカイブの中でも最も有名なモデルのひとつ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NEW BALANCE M1300CLS 【MADE IN U.S.A】【Dワイズ】 ニューバランス M1300CLS GREY/WHITE/BLUE
価格:39600円(税込、送料無料) (2021/8/27時点)

楽天で購入

 

 

ニューバランスのフラッグシップモデルのナンバリングである1000番台の元祖であり、過去から現代まで愛され続けているクラシカルな名作。

5年に1度のペースで復刻モデルが発売されたり、ラルフ・ローレンが「雲の上を歩くようだ」と評したという逸話が残されていたりと、ニューバランスの中でも伝説的で特別な存在となっているのがよくわかります。

そんなニューバランス1300のアッパーを継承し、最新のソールシステムにアップデートしたモデルがRC1300(MS1300)です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NEW BALANCE MS1300GG 【Dワイズ】 ニューバランス MS1300 GG GRAY
価格:23980円(税込、送料無料) (2021/8/27時点)

楽天で購入

 

 

その見た目からもわかる通り、特徴的なソールシステム「ENCAP REVEALソール」を搭載し、最新のニューバランステクノロジーにより履き心地もアップデートされたモデルとなっています。

(ちなみに、2018年に同モデルは「MS1300」という名称で発売され、その後TOKYO DESIGN SUTDIOモデルがR_C1300という名称で発売したはずなのですが、同時並行的に2つのモデル名が引き継がれていて名称による違いがよく分かりません。NB公式→MS1300、コラボモデル→RC1300のイメージ)

これまでのクッション性の高さに加え、グリップ力や反発力などの剛健さも加わった1足と言えるでしょう。

KITH創立10周年を記念するRC1300

ここからはKITHコラボのRC1300について。

KITHの創立10周年記念として発売となったコラボモデル。

kith RC1300 ボックス

今回のカラーパレットを配置した3色ボックス。

Loyarity Programの事前アクセスではなんと3色すべて購入可能だったのですが、筆者は事前リーク時点で欲しかったグレー(エレファントスキン)のみ購入しました。

アッパー

kith 1300 アッパー

素材はピッグスキンスエードとナイロンの組み合わせ。

KITHのアーカイブカラーパレットから選ばれたグレーは、少し緑がかったようなくすみカラーのグレー。

まさにロニー・ファイグらしい絶妙な色味だと思います。

各ディティール

今作はまず何といってもNロゴ。

kith 1300 Nロゴ

KITHのロゴがエンボス加工されたNロゴが主張強めに配置。

KITHのアニバーサリーイヤーにふさわしいデザインですね。

kith rc1300 ペガサス

左足トゥのアウトラインにはKITHを象徴するペガサスが。

kith rc1300 NBロゴ

右足トゥのアウトラインにはNBロゴが対比的に刺繍されています。

KITH RC1300 シュータン

シュータンにはNBの文字とペガサスが共演。

インソール

kith rc1300 上から見た図

今作はインソールの柄にもこだわりが隠れています。

3色すべて並べるとペガサスとインソールの柄が浮かび上がる仕様。

この投稿をInstagramで見る

 

Kith(@kith)がシェアした投稿

公式インスタの最後の一枚を参照。

こういう仕掛けは心惹かれますが他の2色はそこまで響かなかったので我慢がまん。

kith rc1300 インソール

ペガサス&NB&KITHのロゴが中央に刺繍されています。

ヒール

KITH RC1300 ヒールロゴ

ヒールにはKITHとFIEGの文字が型押しで刻み込まれています。

可愛くて地味にお気に入りポイント。

アウトソール

kith rc1300 ソール

アウトソールはRC1300でお馴染みのボリューム感のあるソール。

ヒールのスタビライザーのグリーンぽい色味がアッパーの色と親和性が高く、今回グレーをチョイスしたポイントだったりします。

ソールとの一体感ある。

kith rc1300 アウトソール

ABZORB搭載のミッドソールにVIBRAM製アウトソール。

ABZORBについては以前書いたRCP280インソールの記事などでも触れていますが、衝撃吸収性と反発性に優れたニューバランスを代表するソールテクノロジーのひとつ。

VIBRAM製のアウトソールに関してはゴム製ソールの最高峰。

耐久性に対する安心感もあります。

RC1300のボリューム感のあるソールは、トレランスニーカー然とした剛性の高さを感じさせられますね。

VINCENTSHOELACEの新作Steve

今回KITHのRC1300を購入するにあたり、すぐさま合わせるイメージが沸いた靴紐がVINCENTSHOELACEの新作Steve。

VINCENTSHOELACE Steve

名前の由来はアップル創業者スティーブ・ジョブズから。

非公式ながら今なお「New Balanceのアイコン的存在」とでもいうべきスティーブ・ジョブズの名前が付いたこの靴紐は、今年の3月に発売して以来、リストックされては売り切れるという品薄が続いている人気の品番。

この高密度のシューレースのグレーと、RC1300の無骨さ・レトロ感・色味が融合されるイメージで溢れました。

KITH RC1300×VINCENTSHOELACE

手前がVINCENTSHOELACEのSteve。

もとからついている平織りのシューレースと替えの靴紐も上質でしたが、Steveの方がより力強さを感じます。

KITH RC1300 とSteve

肉厚で立体感があり、強烈。

実際シューレースホールに紐を通すのも一苦労するほど。

一穴ひとあなギュッと力を込めないと中々通ってくれません。

KITH RC1300 Steve 組み

公式サイトに記載されている通り、すべて通しきった後にはちょっとした達成感を感じさせられます。

VINCENTSHOELACEさん、また良いの作ったなぁ。

まとめ

KITH RC1300 VINCENTSHOELACE Steve

今回はちょっと(かなり)遅めのKITH×New Balanceコラボ RC1300 “10th Anniversary"購入レビューと、そこにVINCENTSHOELACEのSteveを合わせてみたという内容でお送りしました。

GL-IIIのThe Paletteに続き、ASICSと並んで大好きなNew Balanceのアニバーサリーモデルを事前に購入できたのは本当に幸運でした。

そしてVINCENTSHOELACEの新作Steve。

購入してからずっと合わせる靴を考えていたのですが、それが今回の一足となってすごくしっくり来ています。

噂には聞いていましたが、本当に通しがいのある靴紐で一瞬ひるみました。

品質はもとより、名付けやストーリー性も本当に凝っていて目が離せない靴紐ブランドですね。

VINCENTSHOELACEのその他のモデルについてはこちらからどうぞ。

ではでは。