PUMA × メゾンキツネ初コラボ!アイコニックなロゴが混ざり合うコレクション


これまでも何度かアイテムを紹介してきたブランドMAISON KITSUNE(メゾンキツネ)。(正確には「MAISON KITSUNÉ」とEにアキュートというアクセント符号が付く)

筆者お気に入りブランドのひとつなのですが、なんと今回、スポーツウェアメーカーとしての売上が世界トップ3に入るブランドPUMA(プーマ)とメゾンキツネが初コラボコレクションをリリースしました。

実は発売当日に今回のコラボを知った出遅れ組だったのですが、大好きなメゾンキツネのコラボ物ということもあって思わず購入していたのでレビューしたいと思います。

PUMA×メゾンキツネコラボタグ

MAISON KITSUNE(メゾンキツネ)とは?

MAISON KITSUNE ブローチ 3

メゾンキツネとは、Gildas Loaec(ジルダ・ロアエック)氏と黒木理也氏の2人が共同で立ち上げたファッションブランド。

2001年設立。「ファッションと音楽の融合」をテーマにスタートし、アパレルのみならずアートや音楽、カフェの運営など、ライフスタイルに根付いたカルチャーを発信しているブランド。

ブランド名の由来である狐=何にでも化けるが現す通り、多彩な顔を持つブランドとして幅広い分野で活躍しながら、多様なジャンルのブランドとも積極的にコラボしています。

また、アパレルとしてパリコレにも参加し、日本とフランスをルーツに持つ世界的なブランドとしても認知されています。

象徴的なトリコロールフォックスをはじめ、フォックスヘッド(キツネの顔のアップ)のロゴを配したアイテムも人気が高い。

ブランド創業期からスウェットを手掛けていたこともあってか、筆者の中ではメゾンキツネの定番=スウェットのイメージが根強くあります。

また、カルチャーを表現するキャンバスとして、キャッチーで愛らしいデザインのTシャツも大人気。

近年では、韓国ソウル発のクリエイティブ集団によるデザイナーズブランドADER error(アーダーエラー)とのコラボを2018年より発表しており、そちらも毎年即完する程の大人気コラボ企画となっています。

青を基調としたブランドロゴになっているのが特徴的。

余談ですが、以前TVを見ていた際、元なでしこジャパンの丸山桂里奈さんがADERコラボのブルーフォックスT(だったと思う…)を着用していたのが強烈に印象に残っています。やっぱり可愛かったあのTシャツ。

PUMA×メゾンキツネのコラボ

今回発売になったPUMA×メゾンキツネのコラボコレクション

PUMA×メゾンキツネコラボ ヘビースウェット

先に書いた通り、筆者は発売日当日に偶然今回のコレクションを知ったので、モールでたまたまアイテムを見つけた時の衝撃もひとしおでした。(ありがとう超ペイペイ祭グランドフィナーレ

PUMAといえば、つい先日GUとコラボを発表して話題になったミハラヤスヒロと長年に渡ってコラボアイテムをリリースしていたのも記憶に新しいブランド。

今回発売になったメゾンキツネとのコラボでは、落ち着いた色使いのアースカラーを中心としたアイテムをメインに、Tシャツやジャージ、スウェット、アウターからスニーカーまで、エレガントでクラシックなスポーツウェアを展開しています。

価格帯としては、インラインのメゾンキツネの半値くらい(日本国内流通価格と比較して)なので、比較的手が出しやすいプライスなのも嬉しい。

ボディに使用されている素材については、恐らくPUMA側で採用されているメイン素材になっているのかなと思われます。

PUMA×メゾンキツネ ヘビーウェイトスウェットパンツ

今回のPUMA×メゾンキツネコラボアイテムの中で、筆者が購入したのはヘビーウェイトスウェットパンツ

前回の記事でも紹介したH&MのBlankStaplesのヘビーウェイトシャツやスウェットパーカーとも相性が良さそうに感じたのが最大の決め手でした。

シンプルなだけではない、ひとひねり効かせたギミック付きなのも惹かれたポイント。

ヘビーウェイトなスウェット素材

プーマ×メゾンキツネコラボスウェット 正面

ボディには綿100%のヘビーオンススウェット素材を採用。

プーマ×メゾンキツネコラボスウェット バック

しっかりとした生地感と滑らかな肌触り。

欧米サイズということも相まってか、着心地としてはリラックス感のあるややゆったりフィット

よりスポーティーでジャスト気味なサイズ感で履きたいのであれば、1サイズか場合によっては2サイズダウンでも履けそうです。(サイズチャート確認必須)

プーマ×メゾンキツネコラボスウェット 裏毛

吸水性に優れた裏毛仕様でスポーツウェアブランドらしさも有り。

落ち着いたブラウンカラーが絶妙な色味。

キツネのロゴ

メゾンキツネプーマロゴ

メゾンキツネではお馴染みのキツネロゴが左腿に。

コラボらしく「PUMA」の文字とともに刺繍されています。ちょっとシュール。

PUMA×メゾンキツネコラボラベル

ヒップポケット下のラベルにはMAISONKITUNEの文字とともにPUMA(ピューマ)のロゴ。

キツネとピューマの共演。

ファスナー付きポケット

プーマ×メゾンキツネコラボスウェット ファスナーポケット

サイドとバックにはファスナー付きのポケットを配置。

引手にはPUMAのロゴが入っています。

裾ジッパーとフラップ

プーマ×メゾンキツネコラボスウェット 裾ジップ

今回のパンツの特徴的なデザインとして、裾にジップを搭載し、開け閉めによってシルエットの変化を楽しめる仕様になっています。

スナップボタン式のフラップ付きで、裾口を絞るという機能性に加え、金属パーツがスタイリングのアクセントにも。

最近のトレンドを抑えたギミックとシルエット。

ドローコード

プーマ×メゾンキツネコラボスウェット コットン製ドローコード

ウエストはコットン製のドローコード仕様。

ファスナーの引手と同じPUMAロゴの入ったハトメ付き

PUMA×メゾンキツネコラボ まとめ

事前情報無く購入したので予定外の購入になってしまいましたが、コラボらしさが全面に出ていて満足感高め。

今回購入したアイテム以外でいうと、ラルフサンプソンの復刻コラボスニーカーも気にはなったのですが、実際に着用しているイメージが湧かなかったので今回は見送りました。

白地にヒールのキツネロゴが可愛かった。

また、Tシャツ類は当然のごとくすべて可愛かったのですが、キツネロゴにPUMAの文字がハッキリ描かれていると普段着使いで着る分には凄くシュールすぎる気がしてきて、こちらも購入直前で見送りました。

いっそのことトリコロールカラーのPUMAロゴほど思いっきり振り切ったTシャツも購入したいという物欲を抑えつつ。

インパクト強め、キャッチーでめちゃくちゃ可愛いんですけどね。

もし在庫が残るようならいずれ買ってしまいそうな気もしています。

Tシャツ以外にもまだ販売している商品がいくつかあるので、気になった方は是非チェックしてみてください。

ではでは。