Blank Staples 新作スリッポン

H&MのBlank Staples 2022SS 春夏コレクション。新色に加え新作も登場

2022年2月12日

年2回、春夏と秋冬アイテムが展開されるBlank Staples(ブランクステープルス)の2022SSアイテムが販売開始になりました。

今季で第4弾。

Blank Staplesは、H&Mの高品質ストリートウェアラインとして、筆者が毎シーズン必ずチェックしている要注目なコレクション。

今季は淡い色味のペールトーンカラーアイテムを中心に、定番のスウェットやTシャツ類はもちろん、スリッポンスニーカーなどのグッズ類の展開も拡充してきた春夏にマストなアイテムが充実。

毎シーズン発売のたびに注目商品は早々に売り切れ、今季もすでサイズ欠けが起こっているアイテムもいくつかあるので、早めにチェックしておきましょう。

※オンラインで購入したバケットハットとスリッポンの実物レビューを追記しました。

Blank Staples(ブランクステープルス)とは?

Blank Staples(ブランクステープルス)とは、H&Mのメンズデザインチームとベルリン発のオンラインメディアHighsnobiety(ハイスノバイエティ)がタッグを組み制作している、繊細でラグジュアリーなストリートウェアのコレクション。

2020年の春夏アイテムから販売をスタートしました。

筆者は、これまでにもBlank Staplesコレクションの購入品レビューを書いています。

レビューにも書いているように、ヘビーウェイトな裏毛スウェットやヘビーウェイトTシャツを中心としたストリート系コーデに必須な高品質アイテムを展開しています。

また、昨シーズンからは帽子やソックス、ボクサーパンツなどグッズ類の展開も拡充。

トータルコーディネートを軸とした商品提案を行っています。

さらに、Blank Staplesは販売開始当初から、自身が展開する無地のアイテムを「空白のキャンバス」に例え、世界的なクリエーターとのコラボコレクションの展開も明言しています。

これまでの実績としては、グラフィックアイテムで高い人気を誇るBlackEyePatch(ブラックアイパッチ)とのコラボアイテムのボディ素材に採用されています。

今後ますます注目を集めること必至なコレクションなのです。

Blank Staples 2022SS コレクション

今季のBlank Staplesでは、定番のスウェット類やTシャツに加えて新商品が多数。

We aRe SpinDye®のサスティナブルな染色工程により染められた、淡い色調が特徴的なラインナップです。

オーバーサイズフィット ウインドプルーフジャケット

まずは今季のルックでメインに使われているオーバーサイズウィンドプルーフジャケット。

オーバーサイズフィット ウインドプルーフジャケット

今季のコレクションに共通したオーバーサイズスタイルのジャケット。

昨今のトレンドでもあるレインウェアとしても使えるジャケットです。

スウェットという時点でもそうだったのですが、つくづくユニクロUとバッティングしてくるなーと感じましたね。

今季のユニクロUでも雨対策を謳うブルゾンが発売されましたが、ユニクロUの方はコットン100%製。

Blank Staplesのウィンドプルーフジャケットは、ポリエステル100%素材です。

WATER REPELLENT(撥水)とWINDPROOF(防風)の記載有り。

丈に関してもお尻が隠れるくらいのジャケットタイプ。

オーバーサイズで丈が長めなので、体をすっぽり覆える

レインウェアとしては、Blank Staplesの方が頼りになりそうですね。

雨が多い日本において、梅雨対策としても活躍すると思います。

オーバーサイズフィット フルジップコットンスウェットパーカ

Blank Staplesでは、これまではカンガルーポケットのプルーオーバー型のスウェットパーカーがお決まりでしたが、今季初めてフルジップアップのパーカーが登場しました。

フルジップコットンスウェットパーカ

Blank Staplesとしては定番となっている14オンスのヘビーウェイトのコットンスウェット素材を採用。

フルジップになったことで、よりカジュアルにレイヤードスタイルを楽しむことが出来ます。

型の落ち感が強調されるドロップショルダー

袖の取り付け位置が低いドロップショルダー型なので、Tシャツの上からバサッと羽織ってもカッコよく決まりますね。

ジップパーカー好きとしては、この追加嬉しい。

バケットハット&スリッポンスニーカー

今季登場した新作グッズとして、バケットハットとスリッポンスニーカーにも注目。

コットンバケットハット

コットンとリサイクルコットンの混紡ツイル素材。

今季はペールトーンの色味が絶妙なので、複数買いしたくなります。

コットンスリッポンスニーカー

同じく今季の新作としてスリッポンが登場。

やはりユニクロUと…(以下略

4色展開のスリッポンスニーカーなのですが、グレー(生成り?)は売り切れ。

ベーシックなスリッポンとして、履き心地がとても気になります。

特に今季のライトブルーを見て感じたのですが、色味の雰囲気的に、KITHのロニー・ファイグが好んで使いそうなカラーパレットを想起させられました。

ストリート好きには絶対ハマる色味かと。

ベールトーンのピンク・赤系などが入ってくるとよりKITHっぽくて、ジェネリックとしては完璧に近いのですが。

ライトブルーのバケットハットとスリッポンは筆者も注文しているので、届いたら改めてレビューしたいと思います。

ちなみにスリッポンスニーカーは既にサイズ欠けが始まっているので、欲しい人はお早めに。

画像引用:H&M Blank Staples公式ページより

実物レビュー

オンラインで注文したバケットハットとスリッポンが届きました。

Blank Staples バケットハットとスリッポン
新作のバケットハットとスリッポン

春の新作カラーであるライトブルー。

ややパープルがかったくすみ系ブルーで、事前の想像通りめちゃくちゃ良い色。

バケットハット

まずバケットハットに関しては、着用写真のイメージ通り、深さは浅め、ツバは小さめ。

ストリートテイストに溢れ、サッと被るだけでこなれ感を演出できます。

個人的にはツバ広めのバケットハットしか持っていなかったので、とても新鮮でした。

これまで、なんとなくツバの小さいバケットハットには手を出していなかったのですが案外悪くないですね。

多分イロチ買いします。1000円ですし。

コットンスリッポンスニーカー

そしてコットンキャンバス地のスリッポン。

Blank Staples スリッポン ライトブルー

シンプルながら、ライトブルーのニュアンスカラーが絶妙な存在感を醸し出しています。

これは間違いない。

Blank Staples スリッポン ヒール
ヒールの固定もしっかり

しっかりとしたヒールカウンター、履き口のクッションも肉厚で、履き心地良し。

サイドゴアのスリッポンなので脱ぎ履きも楽。

サイズ選びさえ間違えなければ安定感も充分だと思います。

筆者は、普段履いている紐有りスニーカーサイズの1サイズ下でジャストでした。

サイズガイドに記載されているセンチ表記を、実寸の足長のサイズに合わせて選べば問題ないと思います。

Blank Staples スリッポンスニーカー ソール
オリジナルパターンのアウトソール

3.3センチの肉厚なラバーソール。

アウトソールにはオリジナルのパターンが採用されており、グリップ力もあります。

絶妙な色味のアッパーカラーとソールが同色なのが良い。

スリッポンに関しては、オンラインでほぼほぼ完売状態なのがもったいないですね。

バケットハットとスリッポンの実物のカラーがたいそう気にいったので、Tシャツやスウェット類もライトブルーで揃えて追加購入しました。

ホントに良い色で上機嫌。

Blank Staples まとめ

新作グッズも登場し、充実したコレクションとなっている今季のBlank Staples。

コレクションスタートから丸2年が経つわけですが、まだまだ拡大していく余地がありますね。

ベーシックアイテムの定番として確立しつつあります。

※今季はスイムショーツ(水着として着用可能)が追加されました。

また、何よりも気になるのが今年のコラボ展開。

シーズンコレクションアイテムの品質への信頼感としては充分なので、あとはコラボ物でどこまで楽しませてくれるのか期待しています。

ちなみに、毎回お伝えしてますがH&Mをオンラインで購入する際は楽天Rebates(リーベイツ)を経由した方がポイントバックがもらえるので圧倒的にお得です。

あんしんの楽天運営、ポイントバック保証制度もあるので、ポイントが反映されない場合でも個別に連絡すれば対応してもらえます。(過去2~3回反映されなかったことがありましたが、その旨を連絡するとすぐに対応してもらえました)

普段はRebatesアプリ経由で様々なショッピングサイトで購入するのですが、H&Mのオンラインストアに関しては、カート画面と相性が悪いのか決済完了までいけないことが多いので、ブラウザでRebatesを経由して購入しています。

楽天IDさえあればそのまま登録可能なので、もしまだ使っていなければ上手に活用してみてください。

ではでは。