メゾンキツネ セルビッジデニム

ベーシックアイテムの品質に定評のあるメゾンキツネ。デニムパンツとデニムジャケットのセットアップ

2022年2月11日

デニムのセットアップに注目が集まる昨今、トレンド回帰ということもあり、デニムパンツとデニムジャケットをセットで探している方も多いのではないでしょうか。

今回注目したいのはメゾンキツネのデニム

メゾンキツネといえば、アーダーエラーPUMAとのコラボアイテムをはじめ、アイコニックなフォックスヘッドロゴが目立つので、そちらに注目も人気も集まりがち。

メゾンキツネは筆者が最も好きなブランドのひとつなのでコラボものやロゴものにも当然目を惹かれるのですが、本来は素材や造りにこだわったベーシックアイテムの品質の高さこそが、メゾンキツネの真骨頂だと思っています。

というわけで、今回は筆者お気に入りブランドメゾンキツネのデニムパンツとデニムジャケットを紹介したいと思います。

メゾンキツネ セルビッジデニムパンツ

まずはジーンズから。

メゾンキツネ セルビッジデニム
メゾンキツネのセルビッジデニム

メゾンキツネのファッションテーマであるNEW CLASSIC(ニュークラシック)。

モダンで正統派、メゾンキツネを代表するインディゴデニムです。

やや股上深め、タイトすぎないオーセンティックなストレートカットモデル。

履き初めの段階で糊落とし済み。

メゾンキツネ デニムパンツ MADE IN JAPAN

Made in Japanタグの付いたモデルで、過去人気を博したデニムを復刻したアイテムです。

メゾンキツネの創業者である黒木理也氏監修、使用している生地には、A.P.CやPRADA MADE INシリーズのセルビッジデニム(10万円…)を手掛けたDOVA社製のデニム生地を採用。

ブランド立ち上げ時にA.P.C直営店で初めてスウェットを販売したという経緯があるので、生地供給はこの辺りのつながりかと思われます。

メイドインジャパンのエクスクルーシブモデルということで、生地選びからもこだわりが感じられる。

シルエット

メゾンキツネ デニム シルエット
後ろからのシルエットが特にキレイ

メゾンキツネのデニムはシルエットがとにかくキレイ。

特に後ろから見た際のヒップ周り~股下にかけて、メリハリの効いたシルエットが美しい。

窮屈過ぎないストレートなフィット感もイイ。

金キツネの刺繍

メゾンキツネ デニム キツネ刺繍
バックポケットのキツネ刺繍

バックポケットに入ったキツネの金刺繍がワンポイントでアクセントに。

筆者は、このくらいのさりげないロゴがカワイイので好き。

トリコロールカラーの赤耳

メゾンキツネ セルビッジデニム 赤耳 トリコロール
フランス国旗のカラー

セルビッジデニムならではの赤耳。

メゾンキツネはフレンチカジュアルのブランドということで、赤い糸と青い糸(と白糸)でフランス国旗を模したトリコロールカラー仕様になっています。

ユニクロUのセルビッジデニムではピンク糸を使用していたり、意外と各ブランドで遊びを入れるポイントになっているのが面白いですね。(筆者は基本ロールアップしないので、表からはほとんど見えません)

メゾンキツネ セルビッジデニム ボタン
MAISON KITSUNE PARISの刻印入り

MAISON KITSUNE PARIS(メゾンキツネ パリス)の刻印が入ったオリジナルのメタルボタン。

前開きはジッパーではなくボタンフライで、ニュークラシックの名に相応しい正統派な造り。

(実用性重視の筆者は、本来ジッパーフライ派なのですが)

霜降りデニム

もう一本ジーンズを。

今回のテーマとして後述するデニムジャケットとのセットアップの紹介がメインなのですが、メゾンキツネのデニムの中でもちょっと面白い生地感なのでついでに紹介させてください。

メゾンキツネ 霜降りデニム
メゾンキツネの霜降りデニム

生地全体にネップ(糸の塊)が浮かんだ霜降り調のデニム。

ウエスト緩め、生地感薄めのサルエルっぽいシルエット。

メゾンキツネ ネップデニム
ザラッとした表情

とにかく生地の質感が面白い一本。

履き心地としては見た目通り少しざらついたような質感で、前述のセルビッジデニムの方がより洗練された印象です。

薄手なので、夏に履くには涼しさもあって良い。

こちらはセルビッジデニムと同じインチを選んでもウエストがかなり緩かったので、以前紹介した無印良品のテープベルトを装着しています。

ワンタッチのイージー仕様、プラスチックバックル×ポリエステル素材で重量も軽いので、いろんなパンツに流用可能なのが良い。

メゾンキツネ デニムジャケット

メゾンキツネ デニムジャケット
メゾンキツネ デニムジャケット

セルビッジデニム同様、リジット感のあるデニムジャケット。

こちらは海外通販サイトYOOX(ユークス)のセールで購入。

YOOX.COM(ユークス)日本では手に入らないもの、新たな発見をイタリアからお届け

YOOXはメゾン系ブランドがかなりお買い得になっている時が多々あるので、こまめにチェックしておくのがオススメです。

メゾンキツネに関しては、YOOXと併せてMATCHESFASHION(マッチズファッション)やEND.でよくチェックしています。

MATCHESFASHION

MAISON KITSUNÉ | 海外通販サイトEND.

同じメゾンキツネのカテゴリの中でも、YOOXは少し前のシーズンのアウターやパンツ類などが豊富で、MATCHESFASHIONはベーシックなTシャツやスウェット類の扱いが多いイメージ。

END.に関しては、メゾンキツネの新シーズンのコレクションやコラボ物などもいち早くリリースされるので要チェック。

国内で売り切れたものもEND.なら売っているということもしばしば。

セットアップで着たいデニムジャケットを探していた際、1st・2ndなどあまり武骨には合わせたく無かったので、出来るだけシンプルなディティールのアイテムを探していたら、海外通販でまだ売っていたメゾンキツネのデニムジャケットにたどり着いたという経緯。

ポケットと刺繍

メゾンキツネ デニムジャケット 胸に刺繍
MAISON KITSUNE PARISの刺繍

胸ポケット上に、同系色の糸でさりげなくブランド名が刺繍されています。

両胸と両サイドに計4つのポケット。

左胸ポケットにはペン差し付き、大きめのポケットでワーク感を醸しだしながら、見た目には至ってシンプル・キレイめなデザイン性が良い。

オリジナルボタン

メゾンキツネ デニムジャケット ボタン

デニムパンツとはまた異なるメタルボタン。

メゾンキツネ デニムジャケット 袖口ボタン

袖口には縦に二つ。

シンプルなジャケットの中にあって、シルバーの輝きが際立っています。

スナップボタン付きサイドスリット

メゾンキツネ デニムジャケット サイドスリット スナップボタン

裾にはスナップボタン付きのサイドスリット。

開け閉めでシルエットに若干の変化を与える役割も。

裏地付き

メゾンキツネ 裏地付きデニムジャケット
丁寧な造りが見える裏地

デニムジャケットの中では比較的珍しい裏地付き仕様。

コットン100%で、着心地や袖の通りにも配慮されています。

また、少し肌寒さを感じる季節にも羽織ることが出来るため、着用可能なシーズンは長め。

真夏以外ならガシガシ着れそう。

(とはいえ冬はさすがにスースーして寒い)

まとめ

メゾンキツネのベーシックアイテムの品質の良さがもっと伝わってほしい。

それでいて価格としては、他メゾン系ブランドやドメブラよりも手を出しやすい価格のモノが多いので、掘り出し物も多めです。

先述のYOOXMATCHESFASHIONを活用するのはもとより、メゾンキツネ公式サイトも販売方法がリニューアルされ、日本からの購入もしやすくなったので、新シーズンのアイテムを狙うなら要チェックです。

今回はメゾンキツネのインラインアイテムにクローズアップしたわけですが、もちろん今年のコラボ企画にも大いに期待しております。

昨年は、これまで毎年発表してきたアーダーエラーのみならず、スポーツブランドPUMAとのコラボ(しかも2シーズン)を発表し話題を呼びました。

今年もきっと楽しい仕掛けを用意してくれていると思うので、しっかり注目していきたいと思います。

「多数の顔を持ち様々な変化を見せる」というブランド名の由来通り、今年はキツネが何に化けるのか乞うご期待!というところで。

ではでは。