とあるアウトレットショップの店頭で見かけて一目ぼれするも、合うサイズが無くて断念。忘れかけていたころにたまたまWebで見つけて即購入した一品。

New Balance(ニューバランス) MS574 STK

New Balanceのスニーカーを買うのはMS574が初めて。これまで靴の履き心地に関してはあまりこだわったことが無くて、どちらかというとセレクトショップで見た目のみ重視して買っていたところがありました。

それが今回初めて試し履きをしてみてビックリ!

普段の靴と比べて

こうも履き心地が違うのか!?と。


NewBalance MS574stk 組み

ソールの差し色が可愛い。

NewBalance MS574stk 斜め後ろ

NewBalance MS574stk サイド斜め上

今までNew Balanceの靴のイメージは、「地味」「甲高な筆者の足にはサイズが小さい」という思い込みもあり、どちらかというとネガティブな印象が強かったのですが、試しに通常よりも0.5~1サイズアップで履いてみるとフィット感が抜群に上がりました。これまでのイメージが一気に吹き飛ばされたのと同時に、筆者の靴選びに「New Balanceを基準とした履き心地」項目が追加されたのはいうまでもなく。

また、New Balanceの代表的なモデルのイメージとして「レトロ」「クラシック」寄りなデザインが敬遠していた要因でもあるのですが、ニューバランスのMS574シリーズはスポーティでカジュアルなデザインになっており、性別問わずどんな服装にも合わせやすいのが特徴のように感じます。

NewBalance MS574stk 正面

このシリーズはソールを含めた配色がとにかく可愛いと思うの↓







New Balance(ニューバランス)の歴史と代表シリーズ

NewBalance 箱ロゴ

今回初めてNew Balanceのスニーカーを購入したので、これを機にNew Balanceの各モデルについて調べてみました。今までこれらの情報に触れたことが全く無かった。初めてしっかり見てみると、モデルの区分が複雑に見えてしまうのですが、各ナンバリングごとに見ていけば意外と単純。

ここからはNew Balanceの歴史的背景を振り返りながら、特に人気の高いシリーズについて詳しく見ていきましょう。


New Blaanceの歴史

New Balanceは、もともとは『矯正靴メーカー』として、扁平足(へんぺいそく)の治療等をメインにオーダーメイドによるシューズ開発をスタートさせました。"New Balance"という社名はその名のとおり、「新しい(New)バランス(Balance)」をもたらすという意味でつけられた社名です。

(余談ですが、筆者は言わゆる「土踏まず」が無い扁平足気味の足で、地面に足裏全体がベタッとついてしまいます。扁平足は一般的に「疲れやすい・足裏に痛みが出やすい」などと言われていますが、筆者はあまり実感したことは無かったです。「正常な状態」をそもそも知らないということもありますが)

シリーズの見分け方としては、各モデルの数字とその前についているローマ字の組み合わせで区別されていますが、特に人気が高く、著名人も愛用したとされる代表的シリーズが

  • 1000番台
  • 900番台
  • 500番台
の三つのシリーズ。


1000番台シリーズ

まずは、いわゆる「1000番台」と呼ばれるシリーズから。これはNew Balanceの中でもフラッグシップ的位置付けで、M1300、M1400、M1500の三つのモデルを筆頭とした高性能・高価格帯の製品になります。通常であればM1300とM1400がmade in USA、M1500がmade in UKとなるのが一般的。(例外もあり)

その中でもとりわけ有名な逸話を残しているのがM1300。

ファッション界の雄、ラルフ・ローレンに「まるで雲の上を歩いているかのようだ」と言わしめたというエピソードはあまりにも有名。「スニーカー界のロールスロイス」との異名で呼ばれるほど、発売当時スニーカーとしては異例の高価格での販売となり、圧倒的な存在感を放ちました。New Balance初心者の筆者はこれらフラッグシップモデルの実際の履き心地は未体験。今後、1000番台については一足は手に入れたいですね。

※追記 M1500の30周年記念モデル「M1530」を購入しました。満足度はかなり高いです。

900シリーズ

New Balanceのラインナップの中でも最も有名なシリーズではないでしょうか。900番台の代表的なモデルとしては、New Balanceの超定番ロングセラーシリーズM996。先日原宿の一角でこんな看板を発見。

"996 WAS NOT BUILT IN A DAY(996は一日にして成らず)"の文言が並びます。文字通りNew Balanceのスタンダードな一足

そして、1000点満点中990点という意味が込められたM990。 筆者もNew Balanceといえばまずこの型を思い浮かべました。Made in USAの代表作として不動の人気。

初代から続く『袋縫い』という特殊な縫製方法により包み込まれるような履き心地を実現し、また近年のハイテクとの融合により時代を越えて愛されるNew Balanceの顔とも言える存在。コアなファンも多い。

ちなみに、Appleの創業者でありカリスマ的存在のスティーブ・ジョブズが愛用していたのはM992とされています。(詳細なモデルに関しては諸説ある模様)


500シリーズ

M574、M576がこのシリーズ。今回筆者が購入するに至ったモデルのMS574は、574シリーズの中でもよりスポーティーに特化した形。


NewBalance MS574stk ロゴアップ

990シリーズと肩を並べるもう一つの定番モデルとなっている574シリーズ。アジア製のモデルがメインで、他モデルに比べると比較的安価に手にすることができます。安価とはいえ、履き心地に関しては十分満足のいくモデルです。扁平足気味の足の「土踏まず」部をしっかりと支え、安定感を与えてくれているような感覚。

全体的にはやや堅めにも感じるフィット感で、今までに経験したことの無い履き心地。

今回購入したMS574もそうですが、カジュアルな見た目で、カラーバリエーションに富んでいるのも魅力のひとつだと思います。

NewBalance MS574stk ソール
アウトソールもゴツめで安定感を感じる。グリップ性能高めで、オフロード感が漂う。

NewBalance MS574stk 真横

ミッドソールには、”ハニカム構造”を取り入れた『FRESH FOAM(フレッシュフォーム)』が採用されています。

ハニカム構造状の独特な凹凸が施され、凸部の耐圧性で安定感を、凹部が優れたクッション性を発揮し、軽量でありながらクッション性と安定性が両立されたソール。

着地~蹴り出しまでをスムーズに行うことが出来るためランニングシューズにも採用されており、スポーティーでソフトな履き心地を生み出します。

さらに、衝撃吸収・高反発弾性素材である『ABZORB(アブゾーブ)』のパッドを搭載することで、より快適でアクティブな履き心地を実現しています。

newbalance MS574stk サイド

こちらもともとの履き心地に加えて、標準装備されているインソールから更に評判の高いニューバランスのカップインソールRCP 280を装着しました。

これにより履き心地が更にパワーアップ。

また、標準のシューレースは少々安っぽくて味気ない。

ということで、靴ひももBLOHM×ALWAYTHコラボ蓄光シューレースのピンクにチェンジしました。

BLOHM by ALWAYS コラボシューレース MS574装着

少しユニセックスな雰囲気が強めに。

まとめ

今回New Balanceの魅力にヤられたことで、New Balanceの各シリーズや他ブランドとのコラボにまで及ぶニューバランス沼の片鱗を見ています。今まではスニーカーにハマる方の気持ちがそこまで分からなかったのですが、今なら少しは分かる…。調べれば調べるほど、どのシリーズも一足欲しくなる。

しばらくはカタログや商品説明を見ながら悶々とする日々が続きそうです。

M1500シリーズの30周年記念モデルである『M1530』の購入は序章。


ところで、Rakuten BRAND AVENUEの春バーゲンが始まっております。期間限定で様々なブランドが高還元でお得に。

これ狙っていたんだけどサイズがないんだよねー…




ではでは。

SPONSORED LINK