UNIQLO and MARNI 花柄イージーワイドフィットパンツ

UNIQLO and MARNI(ユニクロ アンド マルニ)の花柄イージーワイドパンツ。クロップド丈にカットしてアレンジ

2022年5月27日

前回、UNIQLO and MARNI(ユニクロ アンド マルニ)発売日のレビューということで、店頭で実物を見てきた感想をお伝えしました。

ユニクロ×マルニの2022SSコレクション全体を通しての印象として、結構よくできてるなーと。

というか思っていた以上にバチッとハマっていて、ユニクロ(というかファストファッション)と相性が悪いとされる柄物全開のコラボでありながら、生地の質感とのバランスも良く、充分納得できるような出来栄えでした。

それでいて、ユニクロのコラボコレクションとしては価格がかなり抑えて設定されているので、気軽に挑戦しやすいところもイイですね。

相変わらず人気商品が即日在庫切れになるのは、まあそういうものだよねという気もしますし。

リリース発表段階の期待値よりも全然超えてきた感じでした。

全体的にかなり在庫は絞ってきているような印象で、一部アイテムに関しては店舗に割り当てられた在庫量も相当少なかったように思います。

そんな中、オンラインで発売当日に購入していた花柄 イージーワイドフィットパンツがようやく到着したので、レビューとして置いておきたいと思います。

今回事前に狙っていた唯一のアイテムになりますが、裾上げも利用したためか、手元に届くまで意外と時間がかかった印象でした。

購入したものレビュー

今回購入したのは2点。

花柄のイージーワイドフィットパンツと、同じく花柄のオープンカラーシャツ。

オープンカラーシャツに関しては全店舗展開商品なのでまだ在庫もありますが、イージーワイドフィットパンツに関しては生産数が相当少なかったようですね。

店頭でも各サイズの在庫確認で慌ただしかった印象。(「L在庫なしでーす」「Sラスト1でーす」的な会話が漏れ聞こえた)

花柄 イージーワイドフィットパンツ

今回のコレクションの目玉アイテムのひとつであるイージーワイドフィットパンツ。

カラーに関しては、直前になってオリーブにも心動かされましたが当初の目論見通りブルーをチョイス。

UNIQLO and MARNI 花柄イージーワイドフィットパンツ

色味が美しい

で、写真で見ても分かるかと思いますが、ユニクロの丈直しサービスを利用して、ひざ下からバッサリとカットしてもらいました。

本来は裾に溜まりを作って履くことを想定しているようなアイテムだと思うのですが、生地の質感的に七分~八分のクロップド丈で履いた方が可愛いと思ったので。

ダルッと履くとまんまパジャマなので、どこかしらにアクセントが欲しいと。

パンツの総丈(股上+股下)の長さが80cmほどになるよう、股下を大胆にカットするように依頼しました。

イメージとしては、以前フィンクスコットンの記事でも紹介したAURALEE(オーラリー)のハーフパンツのようなシルエットを想定。

今回ユニクロらしからぬ激太パンツだからこそ、裾に向かってしっかりボワッと大きく見せるようなシルエットにしてワイド感を強調しつつ、ダル履きにならないよう軽さも出せるように。

ハーフパンツほどでは無いにせよ、足首がしっかり見えるくらいの長さに調節しました。

思い切って膝上ショートパンツくらいの丈でも可愛いかなーとも思ったのですが、ユニクロのオンラインでの丈直しが股下40cmまでしか選択出来なかったのでそもそも無理でした。(実店舗だと可能なのかな?)

もとが股上の深いパンツなので、腰の履く位置で七分丈~ひざ下丈位までのバリエーションでシルエットを変えられるのもイイ感じですね。

裾にドローコードを仕込んで、さらにシルエットを変化させられるようにしようか?などと思案中。

基本はワイドなサルエルっぽく履きたい。

イメージソースとして、販売開始前に花柄バルーンパンツのルックを見た時に「足が出ていた方が柄とのコントラストが映えて可愛い!」と思ったのがきっかけだったりします。

もしフルレングスで履くなら、レディースのサテン生地の方が綺麗にドレープ感が出て美しいと思いますね。

まあ「ドレープイージーワイドストレートパンツ」と名前でもドレープて言ってるくらいですし。

メンズの方のイージーパンツは、柔らかさがありつつハリもあるコットンポプリン素材なので、ストンと落ちたようなシワの目立たないスタイルの方が合うと思うし、コーデもしやすいと思うのです。

シワの目立たなさとしても、オリーブではなくブルーを選んだ決め手だったりします。

そういえば、オンラインで裾上げを依頼すると切り落とした生地はついてこないのですね。

余った生地はマスクにでもしようかと思っていたのですが。

ワイドフィットタックパンツなどと同じく、オンラインでのみ裾上げ可能だと勘違いしたのが若干悔やまれます。

花柄 オープンカラーシャツ

パンツに続いて花柄のオープンカラーシャツ。

花柄のイージーワイドフィットパンツを買うことは決めていたので、セットアップで着ることを想定。

UNIQLO and MARNI 花柄オープンカラーシャツ

今回のMARNIコラボのタグも本家MARNIを踏襲していて可愛いですよね。

パンツと同じくサラッとした素材感なので夏に着るのにも快適。

発色もイイ感じです。

今回柄物コラボということで、素材感がどんなものか気になっている方が多かったと思うのですが、この質感とデザイン性で今回の価格帯で出されたら、なかなか文句を言える人はいないと思いますね。

クタッとした素材で安易にアロハ感を出してこなかったのも好感が持てます。

サイジングに関しては、かなり身幅が大きいシャツなのでビッグシルエットで着ても良かったのですが、ここも素材との兼ね合いでチョイゆる位で着たかったのでワンサイズ落として購入しています。

肩の落ちたビッグシルエットはMUJI Laboの鹿の子ポロシャツで満足してるってのもありますが。

いうほど派手にも見えず、生地感と柄も絶妙なバランス感なので、サラッと羽織るのにも向いてますね。

まとめ

セットアップで着ると夏らしさ全開。

足元にサンダルを持ってくればリゾートムード漂うリラックス感。

前回の店頭実物レビューと2回に分けてレビューしてきましたが、UNIQLO and MARNIコレクションを総括してまとめると、個人的には結果的にかなり高評価なコラボコレクションでした。

特に、マルニがしっかりマルニしていて、結構本気のコラボなんだなというのが伝わってきましたね。

アーティスティックなデザインが上手に取り込まれた感じ。

疑問があるとすれば、なぜ今回はこんなに安く出せているのか不思議なことくらいのもので。

ダークトーンベースの+Jが終わったユニクロの後釜的なコラボとしては、かなり振り切った切り替え方で、それが良い方に転んだように思えますね。

店舗には、ジルサンダーコラボのときよりも女性客が多く訪れているような印象でした。

メンズを手に取っていかれる方も多々あり。

ちょっと春夏1回限りのコラボとは思えない力の入れ方と盛り上がり方だったので、これは2022AW 秋冬での展開にも期待しちゃいます。

ニット類などはMARNIデザインの本領発揮できるところでもありますし、もしコート類などが出るならそれも欲しい。

特にブロックテックがお気に入りのようなので、これを機に再び開発に力が入ると面白そうでもあります。

個人的にはスニーカーを出してくれたら嬉しいけど、さすがにそこまでは難しそうかな。

と、そんな感じでUNIQLO and MARNIの2022SSコレクションのレビューでした。

今回のコレクションも一部商品は再販されていたりするようなので、気になる方はこまめにチェックしましょう。

ではでは。