猫っ毛&くせ毛にオススメのYUMEDREAMING(ユメドリーミン)エピキュリアンヘアワックス。キープ力と自然なマット感が最高

2021年10月11日

猫っ毛・くせ毛にとって憂鬱になりがちなのが梅雨の季節。

自重に耐えられない軟毛猫っ毛は、せっかくセットしても湿気でつぶれがち。

猫毛に加えてクセも強いとさらに大変で、ペタンとしがちなのに余計なところは広がるなど、最悪な経験をしている人も少なくないはず。

筆者も猫っ毛&クセっ毛の二重苦で、さらさらストンとした直毛やハードに立ち上げたショートなどにあこがれた時期もありました。

今となっては地毛のクセ毛を生かした髪型で満足できるようになりましたが、いずれにしろ、納得のいく髪型に仕上げるにはスタイルに合ったカット髪質にあったスタイリング剤が必要不可欠。

と、いうわけで、これまで数々のスタイリング剤を試した中でここ数年唯一使い続けているマイフェイバリットな自然派マットヘアワックスYUMEDREAMINGのエピキュリアンスタイリングワックスについて紹介したいと思います。メンズ、レディース問わずオススメの一品。

ヘアワックスの選び方と遍歴

まず筆者の髪質と、ヘアワックスやスタイリング剤の選び方について。

髪質としては猫っ毛のくせっ毛で毛量多め

仮に朝セットしても、雨の日や湿度高めの日、ジワッと汗ばむ陽気程度でも髪がヘタってしまいつぶれがち。

ヘアオイル系や油分が多いスタイリング剤だとぱっくり割れの原因にもなりがち。

かと思えば、少し強めのクセがあって毛量自体は多めなので、余計なウネリやハネなど、出なくていいところにはボリュームが出がちというなかなか厄介な髪質。

ありがちなサラサラストレートに憧れがある髪質と言えるでしょう。(最近はそんなこともなくなりましたが)

適度なボリューム感と動きを出しづらい髪質で、これまでかなりの数のワックスを試してきました。

 

こうしてたどり着いたヘアワックスを選ぶ基準は、

  • 油分やシリコンなどの被膜材未使用→ぱっくり割れ・つぶれ防止
  • セット力(キープ力)は強め→クセを生かしながらメリハリをつける
  • 香料は精油ブレンド→完全な好み(理由は後述)

以上のような基準です。

いくらセット力自体が強力でも、こってりタイプの重厚なヘアワックスだとスタイリング剤の重みに耐えきれずすぐヘタることもしばしば。(意外とヘアスプレーなどもこのタイプで、その昔「ハードスプレーで立ち上げ→形崩れるのでスタイリング剤少し追加→重さで潰れる→スプレー」の悪循環は結構やりました…)

まずは、過去使用したものから現在のYUMEDREAMINGのヘアワックスに行き着くまでのヘアワックス遍歴をザッとご紹介。

こうして整理してみると、現在のヘアワックスの選び方にたどり着くまでの過程が思い出とともに明確になるので我ながら面白かった。

 

ジェレイド マットワックス

人生で初めて使ったヘアワックスがジェレイドのマットワックス

ジェレイドってまだAmazonで売ってるんや。。。

ファイバーワックスもかなりお世話になったけどマットワックスはかなりの頻度で使いました。

今でも各ラインナップそれぞれの匂いを思い出せるくらい印象深く、香り自体も最高に好きだった。

今思うと、ジェレイドのマットワックスは初めて手を出したワックスながらかなり使用感はよかった。

国内マット系ワックスの先駆け的なイメージ。

 

定番のアリミノ&ナカノ

次に定番中の定番であるアリミノナカノ

学生時代クラスで一人は持っていて、必要な時はすぐ借りれるイメージ。

アリミノは短髪時にフリーズワックス(青リンゴの香りが良いのよね…)

ナカノは5番、6番、7番を適宜ミックスして使用していました。(ソフト・ハードの2種類から番号制になって成分やパッケージも2~3回リニューアルしたりしていましたね)

どちらも懐かしの青春の香り。

未だにどこの店頭にも並んでいるところをみると、定番の強さは何年経っても継続ですな。

 

ナンバースリー DEUXERの6番

DEUXER(デューサー)の6番 ドライペーストワックスは強めのセット力とドライな質感が非常に使いやすく、結構な長い間活躍してくれていました。

マカデミアナッツ油ベースのドライで重厚感のあるセットが得意なイメージ。

DEUXER6番は使い心地としては悪くなかったのですが、ちょうどこの頃くらいから強めの香料に酔うようになってしまって、じきに使いきれなくなって断念しました。

困った挙げ句これをきっかけに、精油や無香料などできる限り自然で穏やかに香る香料で香り付けしているものを好むようになり移行していきました。

 

ロレッタ メイクアップワックス

モルトベーネから出ているロレッタ メイクアップワックス 6.5

自然派系と化学系の中間位のポジション。

美容室専売品の中でもバランスに優れたトップクラスの実力ですね。

ハードな短髪以外は大体これ一つで何とかなるイメージ。

ダマスクローズ系の香りが優しめ、セット力もまずまずの超優等生で、ワックス難民の方にはとりあえずオススメできるアイテムの一つ。

比較的満足出来てはいたのですが、ここからさらにナチュラル系に振ったワックス選びに走ったので今では疎遠に。

未だに好き商品ではあります。

 

ザ・プロダクト ヘアワックス

初めてのナチュラル系スタイリング剤として購入したのが、オーガニックシアバターをベースにしたザ・プロダクトの自然派ヘアワックス。

大人気の製品で「ナチュラル系のワックスと言えばこれ!」という人も多いはず。

シアバターやミツロウなどナチュラル素材のみの構成なので、髪だけでなくハンドクリームやリップ代わりなど全身の保湿に使えるのも大きな利点。

限定でローズの香りが出たりもしていてそちらも購入したのですが、残念ながら香り・質感ともにあまり合わなかった。

油分ベースで重めの仕上がりになってしまうので、猫っ毛にナチュラルなボリュームを与えたい人には根本的に不向きだと思います。

ワックスというよりバームと呼んだ方が近い気がします。

 

クインタプルバリア ドリームウォーカー

クインタプルバリアというナチュラル系ヘアワックスで、シリーズの中でもドリームウォーカーという製品を好んで使用していました。

フランキンセンスやゼラニウム、ベンゾインなど複数の精油をブレンドした香りがとても好み。

全身に使えるのはザ・プロダクトと同様。

ほんのりマットな使用感で使い心地も悪くはなかったのですが、やはりセット力という意味では相性抜群とは言えず、やがて物足りなさを感じるようになり再びさまようことに。

 

スウィーツソーパー ナチュラルクリームヘアワックス

スウィーツソーパーは、マットな使用感としっかりとしたセット力、ダマスクローズを基調とした芳醇な香りと3拍子揃ったナチュラル系ヘアワックス。

使い心地はかなり気に入っていて、ヘアワックスジプシーもこれで終了かと思っていたのですが、難点が一つあって、石鹸乳化(ミツロウ乳化というミツロウ脂肪酸Na=石鹸を使用)なんですよねぇ…

油脂×水酸化ナトリウムで作られる石鹸素地は基本的にアルカリ性であり、毛髪はアルカリでキューティクルが剥がれやすくなるため、長時間髪に使用するヘアワックスには基本的に向いてないと思うのですよ。

バサッとした質感が好みではあったのですが、長期的に使用するにはちょっと不満が残るということで今では疎遠に。

求めているものにドンピシャだったのですが。

と、実際にはここまで紹介した商品数の3倍以上は使ったと思いますが、大体印象深かったヘアワックスについては以上の流れ。

こうした遍歴を経て、この数年唯一使っているヘアワックスが今回紹介するYUMEDREAMING(ユメドリーミン)のエピキュリアンヘアワックスです。

ユメドリーミン エピキュリアンヘアワックス

YUMEDREAMING エピキュリアンヘアワックス パッケージ

ここから本題のYUMEDREAMING(ユメドリーミン)エピキュリアンヘアワックスについて。

YUMEDREAMINGとは、原宿に店舗を構えるヘアサロンTwiggy(ツイギー)から生まれたヘアケアブランド。

植物由来成分を中心とした髪や頭皮に優しい処方で構成されているのが特徴的。(植物由来=必ず優しいというわけではない、念のため)

その中でもEPICUREAN(エピキュリアン)シリーズは、ヘアケアからスタイリングまでトータルケアできる家庭用プロダクトとして展開しています。

 

成分構成

全成分がこちら。

YUMEDREAMING エピキュリアンヘアワックス 全成分

【配合成分】

【水、プロパンジオール、ミツロウ、オリーブ果実油、野菜油、パルミチン酸セチル、グリコシルトレハロース、ステアリン酸、加水分解水添デンプン、ラウリン酸ポリグリセリル-5、ステアリン酸スクロース、レウコノストック/ダイコン根発酵液、コメ粉、加水分解エンドウタンパク、シスタンケツブロサ茎エキス、モウソウチクたけのこ皮エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、セージ葉エキス、サボンソウ葉エキス、ゴボウ根エキス、ホップ花エキス、レモン果実エキス、トウキンセンカ花エキス、ベヘニルアルコール、セージ油、ビャクダン油、ベルガモット果実油、イランイラン花油、ニオイテンジクアオイ油、パチョリ油、ミリストイルプルラン、タマリンドガム、シリカ、キサンタンガム、クエン酸Na、BG】

(余談ですが、成分オタクとしてはこういったアイテムは必ず全成分を載せて欲しい。時々「主要成分」だけしか載せてくれていないサイトもあるので)

特徴的な成分としては

  • コメ粉とシリカ配合でほど良いマット感
  • グルコシルトレハロース(糖類)で保湿とキープ力
  • 非イオン界面活性剤で乳化
  • イランイランを基調とした精油ブレンドで穏やかな香り
  • クエン酸NaでpH調整(弱酸性)

大体こんな感じ。

なんのこっちゃ?な人はスルーしてOK。

要は髪と頭皮に優しい成分構成で作られていると思ってもらえば良いかと。

YUMEDREAMING エピキュリアンヘアワックス 中身

クリーム状のヘアワックス。

指に取ってみても何となくマットな質感が感じられると思います。

伸びも悪くなく、なによりセット力に関しては自然派ヘアワックスとは思えないほどしっかりとした動きを与えてくれます。

セットの様子はTwiggy公式動画がわかりやすい。

ショートもロングもどっちもイケます。

重くなりにくい成分構成で、湿気が多い日などでも比較的セットが長持ちしてくれるので、キープ力も安心。

成分、使用感、香りとパーフェクトなアイテムで、今のところこれ以外のワックスを使う気になれない。

 

ミニサイズもあり

旅行などにも持ち運びしやすいミニサイズも展開しています。

YUMEDREAMING エピキュリアンヘアワックス ミニサイズ

15gの携帯用。

初めて使う際のお試し用としてもちょうどいいサイズ感。

筆者は衛生的にも大きい方から詰め替えて、常にミニサイズを使用するようにしています。

YUMEDREAMING エピキュリアンヘアワックス 持ち運び用

デメリット

ユメドリーミン ヘアワックスの唯一にして最大の欠点。

それは価格!

80g入りで3960円、15gのミニサイズでも1650円という、毎日使うのが躊躇われるお値段。

一般的なサロン専売品の2~3倍くらいの感覚ですね。

伸びが良いので少量で済むのですがそれでも高い。

そしてなにより一切セールしてくれない!

Amazonや楽天で見ると、むしろ定価より高い価格で販売されているくらいです。

今時ここまで徹底されているアイテムも少なくなりましたね。

昔はサロン専売品の横流しに近いアイテムが楽天で安くなってる!みたいなこともありましたが。

 

実際ユメドリーミンのアイテムをお得に買う方法としては、楽天のポイントサイトRebates(リーベイツ)を経由してユメドリーミンを販売しているECサイトから購入し、ポイント還元を受け取るパターン。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

もしくはGLADD(グラッド)やGILT(ギルト)などのフラッシュセールサイトで極まれに登場するタイミングで購入するくらいしかないと思います。

 

いずれにしろ、今はこのワックスしか使えない体(髪)になってしまったので←

チマチマけちけちしながら使っている毎日です。

まとめ

価格だけが難点ではありますが、製品としては非常に満足のいく完成度の高いヘアワックスです。

特に、同じ猫っ毛クセっ毛でお悩みの方や、自然派ワックスを欲しがっている人には安心してオススメできます。

香りも穏やかで酔わないし、香水など他の香りを邪魔しない&調和してくれるような精油の良さを感じられます。

ツヤのあるスタイリングがしたい方にはヘアジェルも展開しているので、そちらを試してみるのもありかも。

是非チェックして見てくださいね。

また、いくら良いワックスを使っていても、元のカットが悪かったり髪の状態が悪かったりするとどうしようもないので、あまりにも悩んでる人はそのあたりにも目を向けてみるといいかもしれません。

筆者はシャンプーも大好きで、シャンプー入門にオススメしているのがアジュバンのRe:シャンプーシリーズ。

穏やかな洗浄力と糖系のしっとり感、そして香りが最高。

こちらも要チェック。

 

ではでは。