ユニクロU ブロードシャツ ピンク

早くも値下げ!ユニクロUのブロードシャツがお買い得

2021年11月8日

ユニクロU 2021AW発売前プレビュー記事で気になるアイテムとして紹介していたブロードシャツが早くも値下げになりました。

恐らく早い段階で値下げ価格になるだろうと予想はしていたものの、発売から1か月というこんなにも早く値下げされるとは…少々驚いています。

物自体は非常によく出来ていて想像通りのシャツだったのですが、余るだろうと予想しているモノを発売日当日に買う気には中々なれなかったので、早速の値下げは嬉しい誤算。

想像するに、今季も来るであろう+J(プラスジェイ)でのシャツ類とバッティングする恐れがあるので、早めに捌いておきたいという現れなのかな?と邪推してしまいました。

とはいえ、狙っていたピンクカラーは予想以上に人気を集めているようで、オンラインではほぼ完売状態

店舗でも在庫が少なくなっているようなので、値下げを狙っていた人は早めに購入するのをオススメします。

ピンクに関しては恐らく今回の値下げでほぼ完売に近い状態になるのでは?

物自体はほんとに良き。というワケでレビューしたいと思います。

ユニクロU ブロードシャツ

ユニクロU ブロードシャツ ピンク

今季のユニクロU ブロードシャツのカラー展開は、ユニクロUのディレクターを務めるクリストフ・ルメールの十八番ともいえる淡い色使いが特徴的な3色。

オフホワイト、ピンク、ブルーの展開で、それぞれ生地感との相性も良き。

ピーチ加工のブロード生地

ユニクロU ブロードシャツ ピーチ加工

ユニクロU(というかユニクロ全般)では定番アイテムとなっているブロードシャツですが、今期2021AWのブロードシャツは生地がこれまでになかったピーチ加工を加えたモノに変更されています。

ピーチ加工生地とは、その名が示す通り「桃の表面に生えた産毛」に似た起毛加工を施した生地のこと。

うっすらと起毛があることで柔らかく滑らかな肌触りに仕上がっています。

ぱっと見の印象はややマット、しかしながら光の当たり方によって絶妙な光沢も感じられる表情豊かな素材感。

ユニクロU ブロードシャツ 光沢

生地自体の厚みも比較的ガッシリとしたモノになっているので、ちょっとしたスエードシャツ感(言い過ぎ?)のあるしっとりとした表情とクオリティに仕上がっていると思います。

一般的なシャリッとしたブロードよりもややオックスっぽい重厚感。

あまり心躍らなかった今季ユニクロUのラインナップの中で、地味ながらしっかりアップロードしてきた感のある完成度です。

ブロードシャツというとシワとの戦いというイメージも強く、実際こちらのシャツもシワ自体はつきやすい気もするのですが、生地にオックスっぽい立体感があって、ヨレッとしたシワにはなりにくいので、それほど神経質に扱う必要はないかなーという気がしています。

温もりが感じられるので秋冬にピッタリ。

サイズ感

ユニクロU ブロードシャツ サイズ感

サイズ感としては、昨今のオーバーサイズシルエットとは異なりややクラシック寄りなシルエット。

タイトというワケではありませんが肩の落ち感はそれほどないので、普段オーバーサイズを着用していると肩幅に窮屈さを感じるかもしれません。

ユニクロU ブロードシャツ 丈感

丈感も絶妙なボックスっぽいシルエットで、1~2サイズアップしても不自然さをあまり出すことなく着用することが出来ます。

ワークシャツの質感。

ピンクが特にオススメ

ユニクロU ブロードシャツ ピンク 袖口

3色のカラー展開の中でも特にピンクが一押し。

淡く上品なピンクカラーと加工生地の組み合わせは他ではなかなか見られないですね。

今年の春夏で購入しようか迷っていたオーラリーのシャツっぽい色味を感じさせてくれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーラリー/AURALEE サイズ:4 【21SS】【WASHED FINX T…
価格:17050円(税込、送料別) (2021/10/20時点)

楽天で購入

 

 

案の定ピンクがダントツで人気を集めているようなので、ピンクが欲しければ売り切れる前に購入しておくことをオススメします。

もちろん残りの2色も全く悪くない。

特にブルーは、今だに着ている「UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロアンドルメール)」時代のオックスフォードシャツを想起させられる深みのあるブルーなので、何枚か買っておくべきかなーと考えさせられております。

UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロアンドルメール)オックスフォーシャツ

ヴィンテージの古着感が出てきたユニクロアンドルメールのオックスフォードシャツ同様に、着こんでいくうちに味のあるパッカリングが出てイイ感じに育ってくれそうな予感。

ユニクロアンドルメール オックスフォードシャツ ガントレットボタン

完全に余談ですが、このユニクロアンドルメール時代のシャツの造りも凝っていて、袖口の切り込みがワークシャツっぽい深い切れ込みになっているのですが、切り込みの途中に入るボタン(ガントレットボタン)が裏側に隠れる隠しボタン仕様になっています。

ユニクロアンドルメール 隠しガントレットボタン

今思うとユニクロ+Jを手掛けるジルサンダーの代名詞的シャツ類にも負けず劣らずのこだわり感ありましたね。

まとめ

思えば今季ユニクロUで唯一購入したブロードシャツ。

今季のラインナップの中で、地味だけどしっかりアップデートしてきた秀作だと思います。

カジュアルなトーンに落とし込んできたシャツとして着回し力も優秀そう。

値下げ価格のお得度としてはかなり100点に近いですね。

ピンク以外の2色はもう1段階値下げあるかな?と踏んでいるので、セール待ちのチキンレース状態。

ブルーは在庫状況次第では、更なる値下げを待てずに購入する可能性も大いにあり。

あとはメリノウールの3Dニットも欲しいので、そちらもセール待ちしております。

感覚麻痺してくるな…

そしてついに!ユニクロ+J 2021AWのトレーラーが解禁されましたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ユニクロ公式(@uniqlo_jp)がシェアした投稿

2021SSが全然刺さらなかったので今季は期待しています。

カシミヤ混のダッフルコートとか出してくれないかなー。

ではでは。