【ネタバレ】ジョンブルの福袋中身公開レビュー。アパレル業界の売れ筋アイテム在庫余剰を予想して買った結果…

年始のファッション恒例行事ともいえる福袋。

正直、欲しいものをその値段で買った方が良いんじゃないかとは毎回思うのですが、やはり「福袋」の魔力には抗えず何かしら買ってしまうのですよね。人類皆ガチャが好き

ただ今年は、昨年から続くコロナの影響で「きっとメインアイテムの在庫が余っているはず=良いものが入っている可能性が高い!?」と予想していて、例年よりもちょっと期待していました。

そんなわけで2021年は二つのブランドの福袋を購入。

まずはそのうちの一つであるJohnbull(ジョンブル)の福袋をレビューしてみたいと思います。

Johnbull福袋

Johnbull(ジョンブル)とは?

Johnbull(ジョンブル)とは、デニムの町岡山県倉敷市で創業した国産ジーンズブランド。

現在ではデニムのみならず、ワークやミリタリー色の強いアイテムを多くリリースしていたりします。

筆者も以前いくつかジョンブルのデニムを持っていましたが、生地感の良いデニムに適度な加工が入っていて、履き心地も悪くなかったイメージ。

筆者の今年の気分がワークやミリタリーアイテムに振れているということもあって、久しぶりに購入してみようという気持ちで今回福袋を購入してみたのでした。

今回ZOZOで販売された福袋は事前の公開情報として、アウター1点、フリースアウター1点、ボトム2点、トップス2点、の計6点が入っているとのこと。価格は22,000円(税込)

セルビッジデニムかミリタリー系アウターがひとつでも入っていれば良いなあと思いつつ、果たしてその結果は。

アウター部門

ジョンブル福袋 化繊ダウン

アウターカテゴリとしてはソフトシェル素材のダウンパーカーが入っていました。

オールポリエステル100%。

充填物もポリエステルで、特段の記載も無いため機能性綿というわけでも無さそう。

すごくシンプルなシルエットで、ボリューム感もあります。

定価37,400円。

シンプルな見た目のダウンとしては、ダウン・フェザー入り+吸湿発熱綿のユニクロで充分かなという気がしてしまいます。

重量も結構あって手に持ってすぐ分かる程ズッシリと重ため。着てみたら意外と温かいとかあるのかな?

筆者としては、モンスターパーカーやミリタリー系コートなどの特徴的なシルエットと機能性に優れたアウターなどを期待していたので、普通の化繊ダウンでいきなり拍子抜け。

フリース部門

ジョンブル福袋 ブラウンフリース

フリースはジップ付きのパーカータイプ。

カラーはブラウン。

トップス部門(1)

ジョンブル福袋 ヒョウ柄フリース

でました!「福袋定番」の派手柄。

フリース素材のプルオーバー。

フリース1点、トップスが2点入っているはずなので、フリース素材だけどトップス部門に入るってことかな?

もう少し黄色みを抑えてくれたらなんとか?とは思うのですが、正直柄ということよりもサイズ感が微妙。

もっと丈感含めオーバーサイズでジップ付き、とかだったらインナー・アウターどっちでも着たと思う。せめてブラウンと形が逆だったらまだ…

物自体はそこまで嫌いじゃない、けど合わせがムズすぎ。

トップス部門(2)

ジョンブル福袋 半袖カットソー

もう1つのトップスは半袖のカットソー。

正月の福袋にホワイトの無地半袖カットソー。

いや、Tシャツとか入ってることもそりゃあるだろうけども…

生地感は結構透けそう。

ちょっと雲行きが怪しいですね?

パンツ部門

前情報通りパンツは2種類。

ジョンブル福袋パンツ クールウォッシュ

キシリトール加工のテーパードっぽいパンツと、

ジョンブル福袋パンツ クールマックス

クールマックスのイージーパンツ。リネン混。

パンツの入った袋を手に取った瞬間、あまりの薄さに「え?」と一瞬手が止まりました。

またトップスかな?みたいな。

2種類どちらとも冷感素材を使ったパンツ。

クールマックスを使ったリーバイスの記事も書いていますが、いわゆる真夏専用パンツですね。

半袖カットソーといいパンツといい、これは完全に昨年夏の余り物感が前面に出ちゃってますね。

コロナによるメインの在庫余り=神福袋を期待しましたが、期待とは真逆のパターン。確かに余剰在庫っぽいけども。

せめて同じ機能性素材なら温感の方とかさ、2種類それぞれ異素材で分けるとかさ…

ジョンブル福袋 まとめ

正直、ジョンブル福袋に関しては来年以降もう買わないかな…

「そうそう、福袋って本来こうだよね!(悪い意味で)」という気持ちになりましたね。

季節感がチグハグだし、目玉もこれと言って無し。目当てだったワーク感もミリタリー感も無し。

筆者の好みかもしれませんが、福袋って「○○円相当」とか商品の合計点数よりも、商品数減らしてもいいから「元を取った感のあるアイテム」1つかトータルコーディネートのどちらかでしか満足度を上げる方法は無いのかもしれません。

ジョンブルの福袋は、本当にただただ余り物を詰め込んだ感が出ちゃってる気がしますね。

物が悪いとは言いませんが、さすがに半袖カットソー&パンツ2枚とも真夏専用ってのはどうなんでしょうね?

少なくとも真冬の1月に届く福袋では寒々しくてまともに評価できない気もしますが。

元値でも買ってたアイテムあるか?と言われれば無いし、なんなら中身公開されてても買ってないですね。

なによりデニム系のアイテムがひとつも入っていないのは非常に残念でした。もうジョンブルはデニムって感じじゃないんですかね?最近は。

こうなってくると、昨年スルーしていたユニクロUのセルビッジデニムあたりはやはり買っておこうかなという気持ちが固まりますね。デニム欲高まり中。

今思えば、昨年記事を書いたJAPAN BLUE JEANSの福袋は神福袋だったのかもしれない。

記事の中には登場していなかったのですが、CALIF.ジーンズの他にセルビッジデニムも入っていましたからね、あの福袋。

さすがにコスパ最高だったなあ。

福袋はやはり難しいですね。

ではでは。