HANERU(ハネル)高級発酵バターケーキ ふるさと納税

HANERU(ハネル)の発酵バターケーキをふるさと納税でゲット

12月も半ばに入ると、ふるさと納税の返礼品の駆け込みでソワソワしだす方が多いはず。

楽天で申し込む方なら、先日の楽天スーパーセールのタイミングで申し込むのがお得だったり。

筆者としては昨年はいつものお肉系のほかに、川崎市の返礼品として採用された優等生イヤホンag TWS04Kを頼んで大満足でした。

で、今年もふるさと納税に悩む時期なのですが、納税控除余剰分の金額に合った返礼品を探すのって中々手間じゃないですか?

1万~2万くらいが最大のボリュームゾーンとして、そこから上は3万、5万と続くと思うのですが、控除金額の残りを計算すると、ほとんどの方がそんなにキリよく収まることってほとんどないと思うのです。

5000円~7000円くらいの価格を組み合わせて上手に全部使い切りたいなーとは思うのですが、上記金額に比べると各地域そこまで力を入れてなかったりして目立つような品も少なく、探すこと自体も手間だったりでちょっとめんどくさいなー、と。

そんな心持ちで眺めていたところ、偶然目に留まったのが今回紹介するHANERU(ハネル)の発酵バターケーキでした。

金額が7000円ということだったので、イイ感じに端数も消化できそうでちょうどいい!

何より字面を眺めてるだけでヨダレたらたら状態になったのでその場で即注文してみました。

発酵バター専門店 HANERU(ハネル)

発酵バター専門店のHANERU(ハネル)。

お店の名前は、看板メニューである「焼きたてベビーカステラ」が、ウサギが飛び跳ねるように次々と焼きあがる様子になぞらえてつけられた名前なのだとか。

昨年11月に吉祥寺にあるショッピングセンター「キラリナ京王吉祥寺」に店舗をオープンして以来、行列ができるほどの人気店に。

そんなHANERUの新メニューとして、今年の5月からオンラインで販売を開始したのが今回紹介する「高級発酵バターケーキ」です。

高級発酵バターケーキ

高級発酵バターケーキは、良質なミルク産地として名高いフランス産イズニーサントメール酪農協同組合の発酵バターを贅沢に使用。

高級発酵バターの芳醇な香りをしっかりと堪能できるケーキとなっています。

HANERU(ハネル)高級発酵バターケーキ ふるさと納税

パッケージはHANERUのイメージカラーにうさぎロゴがプリントされたシンプルな外装。

自宅用としてはもちろん、手土産やギフトなどにも使いやすそうですね。

HANERU(ハネル)高級発酵バターケーキ 開封

箱を開けると、クッションペーパーと緩衝材に包まれたバターケーキがお目見え。

バターケーキ自体はビニールの袋に入っています。

箱へのおさまりが良いためか、特につぶれたりなどした様子も無し。

賞味期限は出荷日から45日と、常温で1ヶ月以上日持ちしてくれるので非常に扱いやすいですね。

HANERU(ハネル)高級発酵バターケーキ 美味しい食べ方

『HANERUの発酵バターケーキ 美味しいお召し上がり方』としての説明書きが同梱。

まずはベーシックに薄切りカットして味わったのちに、より芳醇なバターの香りを楽しむ食べ方で堪能したいと思います。

ふるさと納税の返礼品として

HANERUの発酵バターケーキが返礼品としてもらえるのは大阪府豊中市のふるさと納税。

利用率No.1ふるさと納税サイトさとふるから申し込みが可能です。



冒頭でお伝えしたように、金額が7千円と端数を使い切るのにちょうどいい金額。

巷で人気の高い品を返礼品として試すことが出来るというのもお得感があっていいですね。

申し込みから約1週間で発送とかなり迅速に届いたので、年末のお使い物にも使えますね。

ちなみにさとふるはヤフーショッピング経由でも申し込みが可能。

まとめ

話題の人気店の味をふるさと納税の返礼品として楽しめるのがイイですね。

控除額の端数消化のために探し回った甲斐がありました。

今なら年内発送も可能なようなので、ふるさと納税控除額の余りがある方は検討してみてはいかがでしょう。

また、HANERUと同じグループの別ブランドで出している「生ブルーチーズケーキAo(青)」という商品もふるさと納税の返礼品にあるのを見てしまい、そちらも気になっています。

絶対クセになるやつ!

こちらも要チェックですね。

ではでは。