【Ronnie Fieg】ASICSTIGER GEL-KAYANO 5 OG “OASIS”

前回の記事で登場したNYのセレクトショップKITH

前回紹介したKITH×Disney×CONVERSEのCT70コラボモデルを購入する少し前に、同じくKITHのオーナーRonnie Fieg(ロニー・ファイグ)が手掛けたGEL KAYANO 5 OG “OASIS(オアシス)"を購入していたのでした。

KITHの創設者であり、スニーカーコレクターとしても名高いRonnie Fiegがデザインを手がけた一足。突然無性に欲しくなり、2次流通で新古品をゲットしました。Ronnie Fiegモデルでありながら、NIKEや同じASICSブランドのGEL-LYTE III(ロニーファイグはGL-IIIコレクターとしても有名)などに比べると極端なプレ値などは付いておらず、お得に感じてしまったのも購入に至った要因だったりします。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg 斜め

夏に発売されたモデルということもあってか、白をベースにビビットなカラーを配したカラーリングが実に鮮やかな配色。

筆者はGEL-KAYANO 5 OGというモデル自体もかなり好みで、今回はGEL-KAYANO 5 OGそのものについても書いていきたいと思います。

KITH創業者Ronnie Fieg(ロニー・ファイグ)について

Ronnie Fieg(ロニー・ファイグ)は、NY発のセレクトショップKITH(キス)の創立者であり現オーナーです。

KITHは2011年に設立、翌2012年にオリジナルブランドを立ち上げ。設立からわずか7~8年ほどで今や飛ぶ鳥を落とす勢いの大人気ブランドになっています。

年数としては比較的若いブランドでありながら、Ronnie Fiegのデザインセンスの評価が高く、現在でも絶大な人気を誇るストリートファッションブランド「Supreme(シュプリーム)」の次代を担うブランドという声まで挙がるほどの人気を獲得しています。

また、Ronnie Fieg自身がスニーカー愛好家としても名高く、これまでNIKE、ADIDAS、NewBalanceなどの主要なスニーカーブランドと数々のコラボを実現し、数倍のプレミア価格がついているモデルも少なくありません。

その中でも特にASICS TIGER(アシックスタイガー)のGEL-LYTE IIIをこよなく愛する人物として有名で、これまで多くのオリジナルデザインモデルを発表してきました。

つい先ごろもGEL-LYTE III、GEL-LYTE 3.1モデルの新作を同時に発売し、即日完売。かくいう筆者も発売と同時にKITH公式オンラインショップにアクセスし、購入完了画面まで辿りついたもののオーバーセールでキャンセル扱いを受けるという悲しい経験もしました…

KITHでは、月曜日に新作がリリースされる「Kith Monday Program(キスマンデープログラム)」という企画が開催されており、毎回発売と同時に売り切れが続出する人気ぶり。

上記GEL-LYTE IIIの新作もMonday Programにて発売になったわけですが、人気商品を獲得するにはなかなか厳しい戦場になっているのが現状です。

さて、このようにASICS(ASICS TIGER)と浅からぬ縁を持つRonnie Fiegが、2019年夏に発売したのがGEL-KAYANO 5 OG “OASIS" というわけです。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg 組み

爽やかなカラーリングが特徴的。

ここからは、GEL KAYANO 5 OGというシリーズそのものについて、そしてRonnieFiegモデルの「オアシス」についてそれぞれ見ていきましょう。

ASICS TIGER GEL KAYANO 5とは

GEL KAYANO 5 OG Birch-Moonrock 正面
GEL-KAYANO 5 OG BIRCH/MOONROCK

GEL KAYANO 5とは、その名の通りGEL KAYANO(ゲルカヤノ)の5代目のモデルの名称。当時主流だったボリューミーなアッパー&ソールのデザインが特徴的で、クラシカルでありながら、近年のダッドスニーカーブームにもマッチした一足。

GEL KAYANO 5 OG Birch-Moonrock 斜め前

GEL-KAYANO 5は、KAYANOシリーズの生みの親であり、モデル名にもなっているデザイナー榧野敏一(かやの としかず)氏がデザインした最後のモデルとされ、名作としても名高い一足。そのバルキーなシルエットは、人間の筋肉や骨格をイメージしてデザインされたと言われています。

その五代目GEL-KAYANOの復刻版としてリリースされたのがGEL-KAYANO 5 OG(オリジナル)という訳です。

GEL KAYANO 5 OG Birch-Moonrock DUOMAX

ミッドソールにはDUO MAX(デュオマックス)というasicsテクノロジーが採用されています。

DUO MAXとは、足が着地する際にかかとが内側に過度に倒れ込むのを防ぐ役割を担っています。これにより、歩行時・ランニング時の負担を軽減し、快適な走行をサポートするという仕組み。

見た目的にも、大きく盛り上がったDUO MAXパーツは、よりダッドスニーカーらしい肉厚なスタイルを演出しています。

GEL KAYANO 5 OG Birch-Moonrock アウトソールイエロー

ソールシステムにはasicsの代名詞であるGEL(ゲル)ももちろん搭載。アウトソール側から内部のゲルが覗ける窓が付いています。

ちなみに上記モデルのカラーは、BIRCH/MOONROCKの名の通り「樺の木」と「月の石」がイメージカラー。ベージュをベースに、随所にイエローを配した筆者お気に入りのモデル。

Kith/Ronnie Fiegモデル GEL-KAYANO 5 OG “OASIS"

GEL-KAYANO 5 OGの特徴が分かったところで、KITH / RonnieFiegモデルのGEL-KAYANO 5 OG “OASIS"について見ていきましょう。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg 正面

アッパーは白を基調とし、イエロー、ブルー、レッドを随所に盛り込んだ鮮やかなカラーが目を惹きます。

要所に盛り込まれた淡いパステルブルーが爽やかさを演出し、まさに砂漠の「オアシス」を想起させる爽涼感。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg サイドストライプ

タイガーストライプには赤の刺繍を採用。

鮮明な色味がポイントで入ることで、サイドからの表情がグッと引き締まりシャープな雰囲気を演出。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg インソール

ロイヤルブルーのインソールには、asicsロゴFIEGの名前が左右それぞれにプリント。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg ASICS_FIEGロゴ

インソールに同じく、ヒール上部にもそれぞれasicsとFIEGの文字が印字されています。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg カラフルなソール

アウトソールは、パーツごとにビビットなカラーで色分けされ、とてもカラフル。

こちらのアウトソールのカラーパターンは、デザインを担ったRonnie Fiegのこだわりポイントでもあるようです。特徴的で個性強め、通常であれば見えにくい部分までコンセプトがしっかりと反映されている印象を受けました。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg ソール DUOMAX

GEL-KAYANO 5 OG “OASIS"は、サイドの内側と外側から見た際の雰囲気がガラッと変わります。

内側はパステルブルーのDUO MAXパーツが、よりボリューミーさを強調しています。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg ソール GEL

一方外側はというと、アシックスストライプのレッドカラーが細めに入ることでアッパーのラインがより強調され、ダッドな肉厚さの中に繊細さも醸し出しています。内側と外側で印象がガラリと変わるのは、色分けされたパーツの配置にこだわったアウトソールのカラーリングの影響もあるでしょう。こういった形でこだわりが効いてくるわけですね。

GEL KAYANO 5 OG OASIS RonnieFieg ヒールゲル

アウトヒール側には覗き窓が配置され、エメラルドグリーンのゲル素材が覗きます。

リフレクターやシュータン、DUO MAXパーツと同系統のカラーが統一感を演出。

ビビッドな配色が目を惹くので、コーデのアクセントにも。

まとめ

GEL KAYANO 5 OGの特徴とRonnieFiegモデルのオアシスパックについて書いて見ました。

KITH / RonnieFiegモデルのオアシスカラーが気に入っているのはもちろんのこと、GEL-KAYANO 5 OGそのものも特徴的な見た目や履き心地も含めて、大好きなモデルのひとつです。

なんといっても履き心地が軽い!DUOMAXの支えも相まって、なんとも心地のよい軽やかな足取りをサポートしてくれます。

以前、GEL-KAYANO 5 OGのアッパーデザインにGEL-QUANTUM 360の「360度ゲルソールシステム」を採用したGEL-KAYANO 5 360も紹介したので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

GEL-KAYANO 5 OG 360 組み

GEL-KAYANO 5 360は、ソール全面にゲルを搭載することでよりクッション性の高い一足に仕上がっています。その分、ゲル素材の重量感じる仕上がりではありますが。好みもありますが、どちらが良いという訳でもなく、軽さとサポート力を両立したGEL-KAYANO 5 OG、クッション性と剛健さを感じられるGEL-KAYANO 5 360といった印象。アッパーとソールのデザインに関しては、どちらも5代目カヤノの良さを感じられると思います。

GEL-KAYANO 5 OGシリーズに関しては、360も含めて、今後もコラボを始め新作カラーが継続的にリリースされていくと想像できます。良作。

先日も「Tokyoカルチャーの発信」を理念とするスニーカーショップBILLY‘S(ビリーズ)の5周年プロジェクトとして、asicsと初のコラボを実現した限定モデル「GEL-KAYANO 5 OG “JUPITER"」がリリースされたのですが、「木星」をモチーフとしたコンセプトに沿って、アシンメトリーに仕上げられたカラーリングがめちゃくちゃカッコよすぎて、とても気になっています。こちらも是非チェックしてみてくださいね。

余談ですが、GEL-KAYANO 5 OGのMIDNIGHT/WHITEのカラーコンセプトはどことなくオアシスパックに似ている気がする。MIDNIGHT/WHITEの方が、よりサイバー感はあるけれど。

ではでは。