GEL-KAYANO 5 OG 360 “TOUR OF JAPAN KYOTO” 京都をイメージしたゴールドカラーがアクセント

ASICS TIGERの名作GEL-KAYANO 5を復刻したGEL-KAYANO 5 OGと、360度全方位にGELを搭載したソールが特徴的な「GEL-QUANTUM 360」の二つを融合したハイブリッドモデルGEL-KAYANO 5 OG 360

今回紹介するのは、"TOUR OF KYOTO(ツアー オブ 京都)"パックとして京都をイメージしたカラーリングが特徴的なモデルです。

GEL-KAYANO 5 OG 360 組み

GEL-KAYANO 5 360 “TOUR OF JAPAN KYOTO"

GEL-KAYANO 5 OG 360 正面

GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)は、フルマラソンの完走も足元からサポート、1993年にasicsが開発・誕生した長距離ランナー向けランニングシューズの名称です。

ランニングシューズの決定版として、発売から四半世紀経った今もなお愛される名作モデルのひとつ。

GEL-KAYANO 5 OG 360 ボックス

GEL-KAYANO 5 OG 360 箱上組み

「カヤノ」という名前はもともと、GEL-KAYANOシリーズの開発者である榧野俊一(かやの としかず)氏の名から取られたコードネームでした。開発途中のコードネームであった榧野氏の名前がそのままモデル名に引き継がれたというのが始まりです。

いまやその名は、世界中のランナーから「カヤノ」と親しまれ愛される名前になっています。

GEL-KAYANO 5 OGは、榧野氏が実際にデザインした数少ないモデルである5代目GEL-KAYANOのデザインを復刻したモデル。

GEL-KAYANO 5 OG 360 フロントサイド

榧野氏の遊び心が盛り込まれたアッパーデザインは、20年経った今でも全く古臭さを感じさせないクラシックスタイル。近年のダッドスニーカーブームにもマッチした、バルキーでボリューミーな肉厚シルエットで、「流行りは回る」を体現したような一足。

ちなみに、流行の周期は20年とも言われているそう。うーん、まさに。

GEL-KAYANO 5 OG 360 真上から見た

手にとるとズッシリとしたゲル素材の重厚感を感じるものの、足を通すとそれほど嫌な重みは感じません。

サイズ感としては、通常履いている物と同じサイズでジャストフィットといった様相。平均的な日本人の足の形状にマッチしているように感じます。

今モデルのカラーはクリーム色をベースに、要所で黒とゴールドのアクセントを効かせたカラーリング。アシックスストライプに細めに入ったゴールドがたまらなくカッコいい!

“TOUR OF JAPAN KYOTO" の名の通り、日本の古都「京都」にインスパイアされたカラーリングとなっています。

GEL-KAYANO 5 OG 360 サイド

ベースの素材となるメッシュ生地 × グレースエードのコンビも堪らない質感を演出しています。

GEL-KAYANO 5 OG 360 ヒールロゴプリント

GEL-QUANTUM 360のソールユニットを搭載

GEL-KAYANO 5 OG 360 開封

GEL-KAYANO 5 360の特徴として忘れてはならないの最大の特徴。

ミッドソールの周囲をぐるりと取り囲むように配されたゲル。

GEL-KAYANO 5 OG 360 ソールシステム

GEL-QUANTUM(ゲルクァンタム)360シリーズ、つまり360度すべてにGELが搭載されたソールシステムを採用・融合することで生まれる抜群の履き心地。

GEL-KAYANO 5 OG 360 ヒールロゴ

ヒール後部まdしっかり覆ったゲルのクッション性はアシックスの折り紙付き。パキッとした見た目の質感も全体のフォルムを引き締めてくれています。

ヒール部にさりげなくあしらわれているゴールドのロゴ刺繍もアクセント。

GEL-KAYANO 5 OG 360 アウトソール

アウトソール中央部にグリル状の樹脂製トラスティックを配置することで、シューズの「ねじれ」を抑え、安定性を向上。

まとめ

GEL-KAYANO 5 OG 360 まるで彫刻

GEL-KAYANO 5 360は、クラシックな見た目とハイテクノロジーによる履き心地を両立させた最新モデルです。

長距離ランニングシューズの決定版とも称されるGEL-KAYANOシリーズですが、今作に関してはバルキーな見た目による進化したダッドシューズと言っても差し支えないのでは。

それほどデザイン性と質感の高さ、″肉感″を感じさせられるアッパーとソール。

もともとGEL-KAYANO 5は、人間の骨格や筋肉にインスパイアされて作られたというのだから肉感も納得でしょう。

完成度が高く、満足度も高めの逸品。

ぜひ一度お試しを。

ではでは。