COMOLI シルクネップベスト タグ

COMOLI(コモリ)のシルクネップが秀逸。変化も楽しめる上質素材

前回までAURALEE(オーラリー)が採用するフィンクスコットン生地のアイテムについて紹介してきました。

超人気ドメブラであるオーラリーが高頻度で活用する高品質素材にフォーカスして書いてみたわけですが、今回も素材に注目。

今回紹介するのはCOMOLI(コモリ)

オーラリーとほぼ対のように名前を上げられることの多い人気ドメブラですが、やはり使用する生地も当然上質。

その中でも今回はシルクネップ生地のアイテムにフォーカスして書いてみたいと思います。

COMOLI シルクネップベスト タグ

COMOLI(コモリ)とは

まずはCOMOLI(コモリ)というブランドについて。

COMOLIとは、2011年に人気セレクトショップEDIFICE (エディフィス)出身の小森啓二郎氏が創業したドメスティックブランド。

“洋服とは軍服や作業着を原型とする欧米文化をルーツとしている"という考え方のもとに、「日本の気候や、日本人の体形、日本の街並みにあった洋服づくり」をコンセプトとして掲げているブランドで、時代に左右されないベーシックなアイテムを中心に展開しています。

特にシャツ類やジャケット類のパターンの綺麗さに定評があり、オーラリーと比べるとややフォーマル寄りで、愛用者の年齢層も若干上のイメージ。

大人のキレイめスタイルといったところでしょうか。

また、デザイナーの小森氏がEDIFICE出身ということで、同じEDIFICEの流れを汲む『L’ECHOPPE(レショップ)』の金子氏とタッグを組んで9サイズ(ショート、レギュラー、ロング型それぞれS,M,L)展開のベーシックシャツをリリースするなど、COMOLIというブランドの枠に収まらない活躍を見せています。

(シャツはXL相当のEXTRA-WIDEが追加され、合計12パターン展開に拡大)

日本人の体形に合わせた着心地の良いスタンダードアイテムが欲しい場合は、COMOLIのアイテムはベストな選択肢のひとつになるでしょう。

COMOLIのシルクネップジャージベスト

ここからはCOMOLIの名作シルクネップ生地を使ったアイテムについて。

まずはこちらを見てくれ。

COMOLI シルクネップベスト 前身ごろ

一見すると普通の毛羽だったジャージ素材のベストに見えるのですが、実はこの生地が非常に面白いのです。

シルクネップ素材

COMOLI シルクネップ

シルクネップ素材とは、その名の通りネップ(=繊維が絡み合ってできる塊)感のあるシルク100パーセント生地のこと。

あえてネップを作ることで、柔らかく温かみのある雰囲気を醸し出してくれます。

COMOLI シルクネップベスト 後ろ

前からバックまでかなりしっかりとネップ感を感じられる。

全体的に毛玉感があるのですが、これが着用と洗いを繰り返していくことで少しずつ取れて、また違った表情に変化していく様を楽しむことが出来ます。

シルク100% だけど丈夫

シルクのイメージというと「繊細で薄くてテロッとした質感」をイメージする人が大半だと思いますが、ここで使われているシルクネップ生地は一般的に想像されるシルクよりも遥かに力強く、ガシッとした強度のある質感が魅力的な生地です。

そのため、ラフに着まわして洗濯機でガンガン洗濯してもO.Kなくらい(タグ表記上では手洗い推奨)安心感のある生地なのです。

COMOLI シルクネップベスト タグ 手洗い

もちろんシルクならではの軽やかさも健在。

着こんでいくことでシルク特有の柔らかさが際立っていきます。

ririジップ

COMOLI シルクネップベスト ririジップ

ファスナー部分は、ボディのブラックシルクと同系色で合わせたガンメタっぽいカラーのジップ。

スイスの高級ジップメーカーであるriri社製のジップを採用。

ririについては以前CONVERSEのチャックテイラーとのコラボモデルで紹介したことがありました。

滑らかで重厚感も感じられる高級ジップですね。

いい味出てます。

ドライバーズニット風の高めの襟

COMOLI シルクネップベスト 襟

ジップを上まで上げれば首元がすっぽりと覆われるよう襟が高めに設定されているハイネック使用です。

トレンドのドライバーズニット風にも楽しめます

肌寒くなってくるこの季節にも相性ピッタリ。

なんだか一気に秋めいてきましたねぇ。

まとめ

先日紹介したオーラリーがフィンクスコットンなら、COMOLIはこのシルク使いが中心ではないでしょうか。

シルクネップ生地のアイテムを初めて手にした際には、今までのシルク素材の概念をアップデートさせられるような衝撃を覚えました。

COMOLIならではのフィット感の良さも相まって、唯一無二の非常にお気に入りの一枚になっています。

幅広いシーズンで着まわせる万能感も良い。

ネップが本当に徐々に取れてくるので、せめてファーストウォッシュくらいは優しく丁寧に扱うのが良いかな?

注意点として、素材がシルク=たんぱく質なので、強アルカリ性の酸素系漂白剤(黒だからうっかり使うなんてことはほぼないとは思いますが…)などは使わないようにしましょう。溶けます。

使用する洗剤だけ少し気を付ければ、あとはシルク素材だということすら忘れてガンガン着て洗ってを繰り返しても問題ないはず。

あとは念のため防虫剤を吊るしておくくらいですかね。

着こむほどに素材本来の良い味が出てくるので変化を楽しみましょう。

 

ではでは