先日の記事で紹介したROGICのペイズリーパンツ

見た目のカッコよさはもちろん、意外にもコーデの着回しが効くためかなりヘビロテ中なのですが、普段のサイズより大きめを購入しているためウエストがあまりがち。

普段のパンツはウエストジャストサイズ重視で履くことが多いため、手持ちのベルトの種類もそれほど多くありません。いちいち付け外しが面倒ということも理由のひとつ。

なので、なんとなく合いそうなベルトが無いかなーと探していたのですが、あまりゴテゴテしているものだとイメージに合わないので、軽やかでワークorミリタリーっぽく、出来れば専用でつけっぱなしに出来るようなものが何か無いかなーと思っていたのです。

そんな時たまたま見つけたのが今回紹介する無印良品のテープベルト

店頭で見つけるまではちょっとした評判を呼んでいたことも知らなかったのですが、バックルのギミック含め、イメージしていたものにピッタリすぎました。

しかしなんといっても安い!安すぎる!

そんなわけで早速レビューしていきたいと思います。

無印良品 高コスパ テープベルト

無印良品のベルトはコスパ高め

そもそもカテゴリとして、無印のベルトは良品が多いです。

ベルトカテゴリのメインとなる牛ヌメ革を使用したベルトのラインナップは、用途に応じて選べるよう種類が豊富。

細幅・太幅、穴無し、バックルレスなど、各アイテムごとのディティールと利用シーンが明確なので、好みに応じて選びやすいのがメリット。

価格帯としても2900円~3900円位の値付けなので、ユニクロと同等かプラス1000円位のプライスなのもお買い得感がありますね。


そんな中、今回購入したテープベルトは少々異色。

ベルトとしての機能と素材感は最小限ながら、ギミック付きのバックルと軽やかさが魅力。

そして特筆すべきはその価格。

税込み価格でなんと399円

圧倒的低価格で販売されているのです。

もはやタダ同然(大げさ)


そんなわけで、まずはディティールから見ていきましょう。

無印良品 テープベルトのディティール

無印良品テープベルト 三色

無印のテープベルトのカラーは、ブラック、ネイビー、オリーブの3色展開

比較的どんなパンツにも合わせやすい色味で、ミリタリーナイロン系、イージージョガーパンツなどのスポーティスタイルとも相性が良さそう。

無印良品テープベルト バックル

特徴的なのがバックル部分。

樹脂製のバックルは、プッシュ式ワンタッチで取り外しができる仕様。

ユニクロ+J 2020AWのラインナップにあったようなサイドリリース式のベルトは見たことがありましたが、プッシュ式のファッションベルトは初めて見た気がします。

無印 テープベルト バックルの外し方

ファッション性というよりもギア感が強いですね。

大味で武骨。

ワンタッチなので付けハズシも楽々です。

全長120cm、長さも自由に調節が効くので対応サイズも広め。

無印テープベルト 高密度ポリエステル

ポリ100のベルト部分。

幅はやや細身で、実際の利用シーンでも野暮ったくならない奥ゆかしさ。

見た目に関しては値段なりといったところではありますが、ベルト本体の生地自体は意外にもそこまでペラペラという感じも無く、しっかりとした密度が感じられます。

そして軽い

革ベルトメタルバックルの存在感とはまったく異なり、ただただベルトとしての機能を果たす縁の下の力持ち感。(大げさ)

ROGIC ペイズリーパンツとの相性

ROGIC ペイズリーパンツ 無印テープベルト

今回の目的のひとつでもあったROGIC(ロジック)のペイズリーパンツに装着。

まさにイメージ通りで、ミリタリーテイストな素材感との相性もバッチリ。

各部に備え付けられたボンデージベルトとも統一感がでて良い感じのハマり具合かなと。

このベルトがあれば、ますます大きめをブカッと履くのに良いパンツになりそうです。

まとめ

無印テープベルト 高コスパ

程よいチープ感が逆に心地良い。

合わせるパンツさえ間違えなければ、かなり万能に活躍してくれそうな雰囲気を醸し出しています。

実際価格としても格安で、全色買っても1000円ちょっとなのでコスパはかなり高いです。

当初の目的であったROGICのパンツはもとより、最近ハマり気味のミリタリー系のパンツに合わせても使えそうですね。

付け心地としてもかなり軽量なので、春夏の軽やかなコーデとの相性もバッチリ合いますね。

非常にオススメ。

ぜひ一度チェックして見てください。

ちなみに、無印のテープベルトを見つける前の購入候補だったのがローラーコースターベルトと呼ばれるガッチャンベルト。

その名の通り、ジェットコースターで使われるようなベルトをモチーフとしたベルトで、ミリタリー感バリバリ。

ALYX(アリクス)のベルトの元ネタとしても有名ですね。

これはこれで合いそうな気もしましたが、無印のテープベルトを見た後だと少し大袈裟かな?という気もしてきました。

こちらも合わせてチェックしてみてください。


ではでは。

SPONSORED LINK